財務3表一体理解法

 財務会計の講義やセミナーで最近紹介している書物がある。それが左記の本なのであるが、私も実際に購入して拝見した。様々な事例をもとに財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)がどのように変化するのか解説されている。
 非常にわかりやすい本で読むだけで十分理解できるのであるが、今度大阪で著者の方のセミナーが開かれることとなった。【ナレッジセミナー】簿記を勉強しなくても会計の本質が分かる「財務3表一体理解法」である。しかも2,000円とお手ごろ価格である。
 この本はもともとセミナー・研修としてわかりやすい説明方法を記したものであるから、その根源の話は尚わかりやすいものだろうと推測している。是非これを機会に決算書の理解にチャレンジしてみて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>