養成機関も視野に入れるべき

中小企業診断士の養成機関にまた1つ追加登録が出た。 最初は資格系学校でもある日本マンパワーであったが、最近は大学の登録が目立つ。大学の養成機関の魅力はなんといっても経営学修士の単位もそろいMBAが同時取得できることだろう。肩書きが同時に2つもらえるというのは人によってはメリットが大きいともいえる。 診断士は資格を取ってからも勉強の連続。もうどうやって診断士になったかよりも診断士になって何ができるようになったかの方に興味がいっている。試験突破にこだわらず環境を考えて最適な方法で目指して欲しいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です