知的資産活用のためのセミナー

 今日は(株)帝国データバンクが開催したセミナー『中小企業の魅せる化 ~知的資産経営による成長戦略~』に参加してきた。恥ずかしながら「知的資産」という言葉の表面的な意味しか理解していなかったことと興味があったということで楽しみにしていた。
 よくある誤解が特許権などの知的財産との混同である。「知的資産」とは財務諸表に現れてこない企業の財産。それはノウハウや得意先、熟練した従業員などの情報となる。これは企業合併の際には「のれん」として表れるのであるが企業単体ではなかなか表すことが難しい。表せないから外部の利害関係者は決算書でしか判断してくれない。そうした悪循環をうむわけである。
 知的資産をまとめて報告書を作成する。これはまさに企業全体の棚卸し作業である。外部だけでなく内部の人にも多くの「気付き」をもたらすことができる。興味があれば一度チャレンジしてみるべきだと考える。
 現在のところ知的資産報告書を作成するにあたって公的支援が受けられる等のメリットはまだまだ少ないようであるが今後活用の道は広がっていくものと考える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>