神戸市中央区栄町通

 今日は神戸三宮と元町あたりを散策している。同じ港町でも横浜とはまた違った雰囲気である。また大阪の難波や梅田とも違う。三宮と元町を結ぶ大規模な商店街は人通りも多く活気があるのだが、この町の魅力はそうした商店街などの集積地から一歩離れた路地にある店舗も多くそれぞれが魅力的であることだと感じた。商業ビルに多くの商店が詰め込まれた形ではなく平屋やせいぜい2~3階建ての古い建物を再生し若者が集まる雑貨店などが入っている。
 訪れた中では栄町通りが魅力的であった。ファミリアホールなど近代建築が軒を並べるこの町は古いビルを再生して魅力ある店舗が入ることで人通りを集めている。アンティークとまでは古くないが一昔前の建物は作りも豪華で重厚な感じがする。そうしたイメージと店舗のコンセプトが合わさって新しい雰囲気を導出している。
 この街は地域再生、まちづくりというキーワードで多くのことが参考にできるように感じる。古いビルが取り壊されたり新築同然にリフォームされたり・・・残して活かす道も必ずあるに違いない。またそこに差別化できる建築会社向けのビジネスもあるはずだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>