商店街の活性化

 今日の日経の夕刊にあった「奮闘 今どき商店街」の記事で大阪市大正区の三泉商店街の取り組みが紹介されていた。大型スーパーの進出で活気を失った商店街は一店逸品やスタンプシール、ホームページなど様々な取り組みで生き残りをかけている。スローガンは「おじいちゃん、おばあちゃんもみんな元気な商店街」とある。これはマーケティングでいえば対象顧客の絞込み、市場の細分と集中である。多くの商店街が車を運転しない顧客層をターゲットにしている。ターゲットを明確にすることで取るべき戦術が明確になる。
 以前大阪府内の商工会で商業活性化を推進する事業の手伝いをさせていただいた。考えられる戦術は多々あったが強力に推進するキーマンが得られなくお世辞にも成功といえるものではなかった。自分にとっても反省点の多いプロジェクトであった。
 現在大阪商工会議所中央支部(大阪市中央区)で経営相談員をやっている。本町から難波を中心にターミナル駅や企業の本社が集中することで常に活気がある。しかしそうしたなかでも競争が激しく入れ替わりがはげしい店舗もある。こうした中、面と点で支援できればと考えている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>