200年住宅

 日本の住宅寿命は30年程度と外国と比較しても短めである。寿命が短ければ修繕や立替が必要となり消費も住宅向けに固定化し、また木材使用量の増加にもつながる。
 こうした背景のなか耐用年数200年という夢のような住宅についての法律が検討されている。また中古住宅の新しい流通市場や新しい住宅ローンの仕組みも整えられる予定だ。
 耐用年数200年ともなれば修繕履歴などを記した情報の整備なども必要になってくる。新しい住宅関連ビジネスのネタとなるか??
 履歴といえば過去にここでも紹介したことがあるマンションみらいネットを少しのぞいてみた。登録されているマンションも増えてきているようであるが、ポータルサイトとしてはもっともっと登録が進まないとなかなか利用がすすまないと感じる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>