小規模企業共済制度に加入

 今月から小規模企業共済制度に加入することにした。この制度は一言でいえば経営者の退職金制度。事業主が得られた収入から貯蓄していくケースと違って税制上非常に有利になる。掛け金が課税所得から控除されるのだ。(事業の経費として算入されるわけではない) また共済金は退職所得扱いとなる。さらに掛け金の範囲内で貸付も受けられる。
 実はこの制度は支援先の経営者に紹介したことは何度もあるのだが、自分も加入対象者であることに全く気がつかなかった・・・非常に間抜けな話である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です