人材確保(公的支援)

新しい人材を雇い入れようと考えたとき、優秀で即戦力となる人材を手に入れたいと思うのは誰しも共通であろう。どういった方法で人材を探し出すかが1つキーとなる。人材斡旋会社を利用するのも有効であるが紹介手数料のことを考えると中小企業には少し荷が重い。派遣社員の活用も考えられるがコアとなる事業の技術者などはやはり雇い入れて自社の強みとしたい。
人材をあたる方法としてはまずは知り合いをあたるのが最初であろう。コストもリスクも低くおさえることができる。しかし人材の候補は少なくなりどうしても限られたなかでの選択となる。そこで次の段階で利用して欲しいのが公的機関の人材紹介である。ハローワークはもちろん、雇用・能力開発機構が提供する支援サービスAbility人材Stationも利用してみてはいかがだろうか。地域別に職業訓練を終えた様々な人材を探すことができる。
また雇用の目的が新しい分野の事業であれば中小企業基盤人材確保助成金の活用も検討したい。新分野といっても全く違う事業ではなく細かく区分けされた中での新分野なので例えば専門工事業で別の専門工事にも進出するといった場合にも活用できる。
これらの公的支援も視野に入れ自社の強みとなる人材雇用を成功させてほしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>