品質で団塊世代囲い込み

 日経産業新聞(2006.7.31)より
 TOTOがユニバーサルデザイン製品の開発を加速させている。トイレ、バス、システムキッチンなど専用スタジオで試作段階製品をモニタに実際に利用してもらうなど、使いかってを徹底的に追求する。
 ターゲットは2007年以降に大量退職する見込みの団塊世代ということだ。
 中小工務店において、製品開発を行うことはあまり無いだろうが、自社がターゲットとする顧客の特性を把握することは重要である。戸建激安物件を目指すなら30代、家族は3~4人。年収は・・生活スタイルは・・・と想定して間取りや使用する製品をメニュー化する。逆に今回のような団塊世代ということであればすでに家のローンも払い終えつつあり、退職金で払い終えたら残ったお金を有意義に使いたいとしている。傷んだ部分のリフォームであったり、古くなったキッチンや浴槽の交換などである。こういった顧客には安いものというよりは品質・使いかってが良く、納得のいく価格で提供することに心がける。先の例よりもパターン化は難しい。夫婦二人暮しか息子夫婦と同居していたり、当然老後の住環境についても考慮しなければならない。しかしパターン化が難しいから大手企業の画一的な営業が難しくなり、中小工務店の出番が多くなる。この時期、大きなチャンスなのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>