消費税の軽減税率セミナー

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。

先日、和歌山県の上富田町商工会さんにて「消費税軽減税率セミナー」の講師を務めて参りました。来年10月からの増税に向けて軽減税率を中心に消費税のことを勉強しようという目的です。

「まだ1年あるから・・・」

そう。だから今の時期に学ぶことが大切です。もし今の会計ソフト等が消費税増税・軽減税率に対応していなければ変更が必要になります。期の途中での変更ではデータの再入力など負荷が大きくなります。これから新しい期を迎えるタイミングで対応しておくべきです。

「うちは食品扱わないから軽減税率は関係ない・・・」

これも誤解です。販売することはなくても購入することはあります。例えば社内懇親会で御菓子・ジュース・アルコールを提供したとします。その領収書・レシートは8%、10%が混在するようになり費用算入の際に正しい税率で入力しなければなりません。

もちろん食品や酒類を扱う小売店は対応が必要な中心となりますが販売だけではありません。例えばカマボコ工場。材料の魚のすり身は8%。カマボコ板は10%の仕入となります。

これから1年かけて少しずつ対応していくことが大切です。直前になって慌てないように皆さんご注意ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です