「働き方改革を進める前に知っておきたい3つのポイント!」というテーマで建設業経営セミナーの講師を担当しています!

みなさん、こんにちは。安田コンサルティングの安田です。本日は「働き方改革を進める前に知っておきたい3つのポイント!」というテーマの建設業経営セミナーについて記載いたします。

こちらのセミナーは毎年基調講演の講師として呼んでいただいております、あさかわシステムズ株式会社さん主催のものです。今回は東京、大阪、福岡、愛知、沖縄の5カ所で開催される予定です。現在までに東京、大阪、福岡が終了し来週には愛知、沖縄を訪問する予定です。


東京会場:東京国際フォーラム


大阪会場:大阪産業創造館


福岡会場:アクロス福岡

建設業の働き方改革の根底には「若者に明日の建設産業をどう語るのか」という命題が与えられています。人口減少・高齢社会を迎えている日本において建設投資は伸び悩んでいますが震災・豪雨などの災害が多発するなか社会インフラを担う建設業の役割はとても重要です。

そこで、生産性の向上と人材の確保という2面から様々なことが検討されています。

生産性の向上ではiConstructionというキーワードがよく聴かれるようになりました。建物の様々な情報をITを使ってモデリングするBIMが何年も前から進展していますが、それを土木分野にも広げようということでCIMという言葉が聴かれるようになり「CIM導入ガイドライン」も出来上がりました。AIやIoTなどの技術も活用しながら2025年までに20%の生産性向上を目指しています。

人材の確保は「働き方改革」として、建設業においては休日確保、長時間労働対策、処遇改善などがうたわれています。労働時間短縮は工期の長期化を招くため、工期ダンピングを防ぎ、工期に影響される間接経費などを請負金額にきちんと盛り込めるよう「適切な工期設定等のためのガイドライン」もできています。発注者側、請負側の両方が協力しての取組が必要です。処遇改善には「建設キャリアアップシステム」が注目されています。現場を渡り歩く技術者の経験を見える化するための取組です。今年から運用が開始されました。企業としても対応を進めていきたいところです。

ここまで記載した内容は建設業における外部環境の一部です。そうした状況を打破するためにIT化や働き方改革を進めていくわけですが、留意すべき点がたくさんあります。

足元を見れば「求人しても応募がない」「応募があっても面接をすっぽかす」「採用しても初日から来ない」といったことが頻発しています。それを「今どきの・・・」と片付けるのは簡単なこと。でもそれでは何も進展しません。だからこそ企業側でできることを考えなければいけません。そこで、セミナーの後半では「人が集まる組織作り」について説明をしています。

「人が集まる組織作り」に必要なのは成長・達成・仲間の3要素です。それは「人は仕事を通して幸せになる」ために必要な3つです。

成長のためにはチャレンジが必要です。そのような機会を提供し続ける事。
達成のためには夢や目標が必要です。誰しもが執着できる夢を持って共有すること。
仲間とは互いを認め尊重し合える人たちのことを言います。そのためには感謝と承認が必要であること。

これらの3要素をセミナーの中ではもっと詳細に事例を交えながら説明させて頂きました。

来週の沖縄、愛知開催分もしっかり語ってきます!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です