TOTOのユニバーサルデザイン

 福祉住環境コーディネータの学習でユニバーサルデザインの部分があった。小さな文具から大きな住宅機器まで幅広くユニバーサルデザインは広まっている。福祉住環境でも重要な概念であるが中でも水周りの設備についてはよく検討する必要がある。
 「まずはトイレ・・・」と考えTOTOの関連サイトを探してみた。そして見つかったのが『TOTOユニバーサルデザイン』。企業としての取り組みについて紹介があり、トイレ、浴室、洗面所、キッチンの製品ラインナップもある。また関連サイトとして『楽&楽計画ドットコム』ではバリアフリー関連を中心に情報提供を行っている。なかでも良かったのが大人も使える介護ベッドを設置した全国おすすめの公共トイレ情報の紹介である。大阪で探してみるとATCエイジレスセンターにあった。今度見に行ってみようと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です