堺技衆の皆さんに補助金申請のコツを伝授してまいりました!!!

堺技衆の皆さんに補助金申請のコツを伝授してまいりました。
「堺技衆」につきましてはホームページがありますのでこちらをご覧ください。
ちょうど公募中の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」と「小規模事業者持続化補助金」の2つを題材に補助金申請書の書き方をお伝えしました。これらの補助金は目的も異なり募集要項の内容も違います。でも共通して伝えられることは「募集要項をしっかりと読み込む」ことです。これが地道ですが確実な道。
「本事業の目的・手段について、課題を解決するための工程ごとに、不可欠な開発内容、材料や機械装置等を明確にしながら具体的な目標及びその具体的な達成手段を記載してください。」
これは「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の募集要項にある記載事項の一部です。この一文から何を書かないといけないのかをじっくりと読み解くのです。まず特徴的なのは「工程ごと」という文言です。そう計画の内容を工程で表し、工程ごとに目的、手段、不可欠な開発内容、材料や機械装置、具体的な目標、具体的な達成手段の計6項目を書くということです。もし3工程あるのなら6×3で18になります。
こんな具合に募集要項を読み込んで、まずは申請書に「書くべき項目」を箇条書きでも見出しでもいいから羅列することをおすすめします。せっかくですから、参加頂いた皆さんにはその一覧・ひな形を資料として提供させていただきました(^^)
皆さん、チャレンジするならせっかくですからしっかりと取り組みましょう。何となく書いた申請書ではまず採択されません。募集要項をさらっと通して申請書の項目を何となく埋める・・・絶対やってはいけませんよ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>