建設業界ニュース2015年1月号

お客様向けに建設業業界ニュースをFAX配信しました。
ご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。平成27年になりました。今年最初の建設業界ニュースをお届けいたします!!

建設業界ニュース

★ 建設業許可業種の内容、例示、区分の改正

国交省は12月25日に建設業許可業種の内容、例示、区分の改正を行いました。下アドレスにて詳細が確認できます。 http://www.mlit.go.jp/common/001064710.pdf

例1.とび・土工・コンクリート工事
「工作物解体工事」を新設の解体工事に移行。
その他基礎的ないしは準備的工事の例示として「法面保護工事」「屋外広告物設置工事」「切断穿孔工事」「アンカー工事」「あと施工アンカー工事」「潜水工事」6件を追加。

例2.その他
・タイル・れんが・ブロック工事の例示では、「サイディング工事」を追加
・ガラス工事の例示では「ガラスフィルム工事」を追加
・熱絶縁工事の例示では「ウレタン吹き付け断熱工事」を追加
・鉄筋工事の例示のうち、「ガス圧接工事」は実態を踏まえて「鉄筋継手工事」に変更

例3.太陽光発電関係の工事の考え方の明示
・屋根一体型の太陽光パネル設置工事は「屋根工事」
・太陽光発電設備の設置工事は「電気工事」

改正内容のうち、新設の許可業種となる解体工事に関連した内容は改正法が施行される16年6月までに適用を開始。そのほかは12月25日付で適用開始となります。特に例3に挙げました太陽光発電関係の工事についてはご注意ください。請負金額500万以上の工事で屋根工事の許可を得ていないのに屋根一体型の太陽光パネルを取り付ける工事や、電気工事の許可を得ていないのに太陽光発電設備を設置することはできません。今後、そのような工事を行う予定がある場合はそれぞれの工事の許可を得ることを検討してください。
★ ★ ご案内 ★ ★
■各自治体にて平成27年・28年の入札参加資格申請が行われています。申請漏れの内容にご注意ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>