2時間半で自著のホームページを開設した手順の説明

先日、自著のホームページを開設しました。思い立ったら吉日。てっとり早く作ってしまおうと思い立ち、その場ですぐ製作を開始しました。所要時間は2時間30分。そのことをFacebookの方で報告しましたら何人かの方から方法や内容について問い合わせがありましたので、ここで説明することにしました。
1枚目の写真は新たに開設されたホームページです。
http://senryakuteki-keiriman.com
コンテンツは3つ。
1.トップページ
2.ブログページ
3.お問合せページ
それでは手順の説明です。まずは 「senryakuteki-keiriman.com」のドメインとレンタルサーバーの契約が必要です。少し技術的な話ですが、申込みはオンラインですぐできます。ただし、そのドメインがDNSに登録されて閲覧できるようになるまで30分~1時間かかります。その間に他の作業ができるように段取りしました。
ドメインの取得はいつもムームードメインを使っています。レンタルサーバーも運営されていて簡単だからです。もちろん価格も安い(^^)
http://muumuu-domain.com/
こちらで取得したいドメインを検索しOKボタンを押し、ユーザーIDの作成、OKボタンをいくつか押してクレジットカードの情報を入力したらOKです。ここでDNSは「ロリポップ」を選択し、連動してロリポップに申し込むチェックボタンを押しておきます。
完了しましたらムームードメインからのメール、ロリポップのレンタルサーバー申込み完了のメールが合わせて届きます。
ここまでおよそ10分です。
次はロリポップ!と言いたいところですが、申込みはもう完了しています。ですが、前述のDNSに登録されてからの待ち時間がありますので、その間にトップページに使うトップ画像の作成を行いました。使用したソフトはAdobeのPhotoshop。レンガの背景画像は10年ほど前に買った画像素材集からピックアップしたものです。背景画像の選定など少し時間がかかりましたが、だいたいここまでで40分。「そろそろDNS登録済んでるかな」と思い、ブラウザで

http://senryakuteki-keiriman と入力してみましたらOKでした。昔はもっと時間がかかっていましたがすごいですね!(^^)
それで、これがロリポップの画面です。
http://lolipop.jp
ロリポプランがおすすめです。ドメインネームと合わせて年間5000円足らずで運用できるって本当にすごいです!最近ビジネスプランもできたんですね~。知りませんでした。
ログイン画面からID、パスワードを入力します。(ID,パスワードは先のメールに記載されています。)
ロリポップの優れているところは「簡単インストール」という機能があって、WordPressについて何の知識も無い方でもインストールができてしまうということです。さらにマニュアルも充実・親切なので読みながら進めていくとできてしまいます。ちなみに私はWordPressのサイトを作るのは今回が初めてです。


そう、今回の取り組みはその体験という目的もありました(^^)
左の画像がロリポップのマニュアル。茶色背景部分の「ホームページ」をクリック。その中にある「WordPressの使い方」を今回参照しました。行った作業は以下の通りです。
1.トップページを固定ページに変更し、先ほど作成したトップ画像をあてはめる。さらにトップページの原稿を入力する。(私はもともと別のホームページに自著の内容を紹介していたので、そこから引用したものが多くありました。)
2.ブログのページを作成。マニュアルにあるソーシャルボタンのプラグインもついでに設定。
3.お問合せページを作成。これもマニュアルにあるプラグインを活用しました。きちんとメールが届くことを確認して終了。
ここまでで大体2時間半です。Facebookに完成した旨の記事を掲載してその日の作業は終了でした。
あと、やらなければいけないのはこれまでFacebookに発信してきた自著に関する情報をブログに引っ越しすることです。この作業はさすがに時間がかかりそう。地道に進めていくことにしました(^^)
「こんなん、やりた~い!!」という方、お気軽にお問合せくださいね。
メール: yasucon@ea.main.jp
携帯:090-8466-2358
安田コンサルティングの安田まで(^^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>