創業セミナー、創業者は元気と笑顔で負けるな!!

先週の土曜日、堺商工会議所にて創業セミナーの講師を務めてきました。参加者は中間発表で82名(最終を聞くのを忘れてしまいました)。このセミナーの講師はもう何年も担当させて頂いているのですが、10時から17時まで1時間の休憩をはさんでほぼしゃべりっぱなしです。伝えたいことが多すぎるので。年間を通して様々なセミナーの講師をしますが、それらのなかでトップクラスに体力と気力を消耗します。でも伝えたいことはしっかり伝えきったように自分では思っています。
冒頭のあいさつでは元気よく「おはようございます!!」毎年のことながら、私一人の声の方が82名の声より大きいんです。そこでいつも「創業者は先にスタートを切っている企業で勝てるものはほとんどない。そんななか元気で負けててはだめ!!」と伝えて、結局「おはようございます!!」を3回やりました(^^)
そして次は笑顔です。みんな表情が硬い。夢の実現のための一歩を踏み出してここにきているのに・・・というわけで、会場の雰囲気を和らげる目的もあって「5秒でできるからみんなやってくださいね!!いきますよ!!・・・・となりの人と握手してください!!」とお願いをしました。照れくささもあって皆さんちょうどいいぐらいの笑顔になってくれます。そして冒頭の話の最後は「感度」についてです。私が「おはようございます!」と「握手」で朝から受講生の方に2つもお願いをしましたが、中には元気にあいさつをしないひと。握手をしない人がいるのです。それは相当感度が悪い。世の中には反応する人と反応しない人がいて、反応する人が良いに決まっている。そして本当はもう1つの人がいてそれは「反応させる人」です。これから自分のところの商品やサービスを使ってお客さんに反応してもらわなければならない。少なくとも今の段階では「反応する人」でなくては!!といった話をしました。
あとは創業の心構え、ビジネスコンセプトづくり、創業計画書の作成方法、創業手続き、融資等資金調達の方法、インターネット活用といった内容でした。
すべてはブログで記載できませんが、創業の心構えで「権限」と「責任」について話してきました。とくに「責任」について。誰に対しての責任か・・・経営者としては社員や得意先や仕入れ先、協力会社や金融機関。経営者の前に一人の人間として「家族」。でも最も大切なのは「自分」に対して責任をとるということ。一度きりしかない人生を歩んで、多くの人とは違う道を進もうとしている。それはリスクもあるけれど、自分の気持ちに嘘をついてはいけない。最高の人生と振り返ることができるように悔いを残してはいけないと伝えました。
創業に関する知識についてはビジネス書などでも補うことができます。このセミナーはいつもそれに加えて「気持ち」や「心」について多くを語ります。
きっと来年も実施されます。受講したい!!と思われた方は是非(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>