ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金申請の注意点

ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金についての支援依頼が増えています。
今日は4月15日の締め切り前の最後の平日とあって、1日で3社訪問し支援してきました。
申請書を確認・チェックする中で気になる点がいくつかありました。きっと同じ間違いをする方もおられると思いますのでここで記載いたします。
・展示会出展費用は助成対象ではありません。
※テスト販売で何らかの展示催しに出展する場合も同じ。ただしテスト販売を伴う展示催しのための人件費は助成対象ですが、販売を伴わない展示会のための人件費は助成対象になりません。
・設備投資で中古のものは原則対象になりません。
※原則というのは例外があるかも・・・ということになりますが、今の時点で詳細は不明です。事務局に確認しました。何故中古がダメかというと価格の決め方に信憑性が無いからです。その信憑性を補完する何かがあれば別・・・その「何か」は基準もないために現時点では何とも言えないそうです。
・委託費と外注加工費の違い
募集要項に書いていますが、委託費の説明にある「外部の機関」とは例示されているような公的機関が中心です。民間企業に分析や設計などを依頼する場合は外注加工費になります。また専門家の助言をあおぐ場合は専門家謝金です。
・申請書(2)事業内容の「その2」と「その3」の記載について
「その3」の注意書きにあるとおり、「工程ごとに見出しをつけて」を守ってください。「その2」の各工程と「その3」の見出しは一致させる必要があると思われます。
・申請書(4)経費明細表
Aには税込金額、Bには税抜金額を記載しますが、基本的に直接人件費には税がかかりませんのでAとBは同額の値になるはずです。
・申請書(5)資金調達内訳
左側の表の合計は(4)経費明細表のAの合計に一致するはずです。右側の表の合計は経費明細表の補助金交付申請額の値に一致するはずです。
これまでの支援のなかで気になった点は以上です。
あと大切なことは審査する側の立場になって記載することです。相当な数の申請書を読み込む審査員の立場になってください。わかりにくい言い回しは避け、専門用語を使う場合は意味などの説明もつけましょう。全くの業界素人でもわかるように記載してくださいね!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>