和歌山大学 講義録6

Phm11_0178 11月17日の講義録です。

経営情報システム

今回は会計業務のIT化について話をしました。受講生のなかには会計といっても簿記にも触れたことがない人もいますので、まずは会計業務って何をするのかを説明。取引の開始から仕訳を作成。仕訳帳や元帳への転記などの日次業務。試算表の作成等の月次業務。そして決算処理へと・・・

制度会計だけに限定すると、人によって結果が異なることはあってはならず、逆に言うと自動化やアウトソーシングが進んでいる分野でもあります。会計ソフトも数多く販売され、ソフトの価格も手ごろなものが多いです。

管理会計は汎用的な部分と企業独自のものがあります。独自性の強いものは生産などの競争力を会計的な要素を用いて数値化するために用いられ、目標に対する進捗管理にも使われます。っといったことを話してきました。

ソフトウェア工学演習

アクティビティ図作成の続きです。前提条件を変えて、図式をアレンジしてもらったり、あるいはアクティビティ図に「システム」のレーンを追加することでシステムの入出力や画面遷移なども表現できる小技も紹介してきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>