LEDと有機EL

大阪の繁華街、難波周辺を歩いています。クリスマス直前ということもあってイルミネーションが目立ちます。そんななかひときわ目をひくのがLED照明です。住宅など建物内部の照明としても一般的になっています。
そんななか日経コンストラクションを見ていると有機ELの照明の話が載っていました。
有機ELといえば通常テレビなどの映像装置として使われるイメージがありますが照明としても使えます。技術の進展により薄くしかも曲げられる素材のものも出てきました。
LEDとの違いは面光源であること。壁紙全体が光ることをイメージしてください。ただしLEDにとってかわるのではなく用途によって使い分けられることになります。
やわらかい素材。。。飲食店ではテーブルクロスが光りそう。。。紙鍋があるなら光る鍋もおもしろいか。。。ノートパソコンもくるくる丸めて持ち運び。。。。もちんクリスマスイルミネーションにも新しい表現がうまれそうです。
色々な用途が期待されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です