岐阜で開催された年に一度の大切な診断士の集まりに参加してきました

私が開業して間もなく始まった、私にとってとても大切な年に1度のイベントがあります。

兵庫県淡路島からはじまり、東京、札幌、倉敷、そして今回は岐阜で5回目になります。このイベントはだいたい5月ごろ。それを終えると間もなく開業日を向かえあと1ヶ月で丸5年となります。

Dscn3079 岐阜駅で集合していよいよ始まりです。好天にも恵まれました。

Dscn3081

最初に訪れたのは本格醤油の醸造元である山川醸造株式会社さん。アイスクリームにかける醤油など様々な商品を提案されていますが、奇抜なだけではありません。ベースには本物にこだわった醤油作りがあります。

工場内を山川社長自身に案内して頂きました。中は醤油の香りがただよっています。(私は煎餅が苦手なのですが煎餅が食べたくなりました。)

しかし醤油造りも大規模化・合理化の波が激しく、国内に残っているこうした醸造会社は少なくなっているとのことです。私の地元より少し南の和歌山には湯浅という醤油どころがありますが、事情は同じです。どんどん作り手が少なくなってきています。診断士としてではなく日本人として守るべき産業だと感じました。

Dscn3104 次は岐阜城。途中ロープウェーがありますが、観光案内はテープ放送が多い中、ちゃんとガイドさんが案内してくれました。なんだかとてもうれしかったです。外国の方も多く来られていました。途中、写真撮影を依頼されたのですが、どうしても外国の方だとしりごみしてしまいます。「チーズ」というのは日本だけかな・・・と考えながら無事撮影完了。そのあと鎌倉・奈良の大仏と並んで日本三大大仏と称される大仏様を拝見しました。鎌倉・奈良に比べるとひっそりと控えめな場所にあり観光客もまだら。でもそれがゆえにゆったりと拝見することができました。

Dscn3119 これなんだかわかりますか?

ピンボケですが、「鵜」です。そうです。夜は長良川で鵜飼いの見物です。時期と天気がよかったせいもあり、この日は大盛況だったようです。厳かな雰囲気の中、真っ暗な川面に炎の明かりで照らされた鵜匠と鵜の独特の動きはとても印象深いものでした。

Imag0268 翌日は長良川国際会議場で参加者が集まって近況報告。それと地元企業の経営者にお越しいただきプレゼン大会が開催されました。プレゼンを聞かせて頂いたからには質問や感想で返すことが礼儀。実はそんなことも教えて頂いたのはこの会でした。

Imag0273 最後は「美の壱」さんで釜飯を頂いて解散です。来年は金沢での開催となりました。来年も必ず参加します。

と、こんな報告ですと結局観光旅行に出かけただけかと思われるかもしれません。実は写真や活字の間にその何倍もの情報交換や意見交換が行われています。それがものすごい刺激となって私に来年までのエネルギーを与えてくれます。

今までの4回と比べて得られたエネルギーは大きいままで変わりません。それでも自分の中では色々と課題が見えた会となりました。来年までにその課題を見つめなおし克服して金沢に乗り込みたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>