インターネットからの問い合わせだけで営業している工務店がいるなかで・・・

インターネットを活用して見込み客からの問い合わせや現場見学会などのイベントへ誘導する工務店が多いなか、逆にホームページを設けたもののいまひとつ効果が得られないと悩んでいる工務店はさらにその何倍もいるのではないでしょうか。

インターネットで営業するために必要なポイントはいくつもありますが、その中の1つに検索ニーズを知りキーワードを絞り込むことがあります。

例えば、私が住む貝塚市で営業している工務店があったとします。工務店の経営者は近隣の見込み客を発掘するためにホームページを設けました。そのホームページを訪れる人のほとんどは検索エンジンを使うわけですが、見込み客が検索エンジンで投入するキーワードと工務店のホームページ内で構成されるキーワードが一致しないとうまくホームページに誘導できないわけです。

そこでキーワードを考えてみるのですが、「貝塚市 工務店」、隣の市町村で「泉佐野市 工務店」、「岸和田市 工務店」、「熊取町 工務店」などはすぐに思いつきます。「工務店」を「モデルルーム」や「現場見学会」に置き換えてもいいでしょう。またこうしたキーワードは直接的に関連があると思い浮かびますが、「貝塚市 小学校」はどうでしょうか?市内の小学校のことを市内の人が調べることもあるでしょうが、近い将来、貝塚市に越してくる予定の人も考えられます。引越し先が賃貸なのか・・・それを期に住宅購入を考えているのか・・・と推測は広がってきます。

まずはキーワードを知ること。そのために便利なツールがバージョンアップして公開されています。Google キーワードツールです。無料で利用できますのでとりあえず利用してみてください。使い方は簡単です。よくわからない場合は「単語又はフレーズ」の欄に「住宅」や「工務店」と入れてみてください。

Untitled1 これは実際に使ってみた様子です。私が運営する別サイトで試してみました。キーワードは「経営事項審査」です。関連キーワードが提示され、それぞれのキーワードが月間でどれくらいの頻度で検索されているのかなどが得られます。

インターネットを活用した販路開拓。色々とご支援しておりますのでよろしければお問い合わせ下さい。

メール:yasucon@ea.main.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>