住宅履歴情報の管理システムが多数登場

長期優良住宅が本格的に増えてきたことと並行して住宅履歴情報を管理するシステムも沢山登場してきた。

住宅履歴情報の管理は住宅履歴情報整備検討委員会により検討が進められ「いえかるて」という愛称やロゴマークも定まり、履歴情報を管理する情報サービス機関も多く見られるようになった。

また、そうした情報サービス機関が運営する住宅履歴情報データベースに対する情報の登録や閲覧を行うためのサポートシステムも表れた。

今は新築時に工務店等が共通IDを取得し登録するサービスを行うのであろうが、今後そうした住宅が中古で流通し始めたときに混乱が心配される。多くの住宅履歴情報データベースが乱立することにより、そうしたデータベースにアクセスするユーザー、サポートシステムなどはデータベースに応じた対応を迫られるからである。

住宅履歴情報を整備することの大切さより住宅メーカーや情報サービス機関の営業・販路開拓の手段としての意味合いが先走りすることのないように祈りたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>