住宅版エコポイント制度の対象が発表されました

12月8日に閣議決定した住宅版エコポイントの対象が国土交通省のホームページに発表されました。

当初来年の平成22年1月1日以降に着工したものとなる予定でしたが、この制限により着工日をずらす施主・工務店が出てきているためか閣議決定した12月8日以降の着工ということになりました。

ポイント付与や活用方法についてはまだ定まっていません。

以下、国交省のホームページから引用した対象工事の範囲です。

■エコポイントの発行対象

 補正予算の成立日以降に、原則として、工事が完了し、引き渡された住宅が対象
 (ただし、エコ住宅の新築については、平成21年12月8日以降に建築着工したものに限る。)

 (1) エコリフォーム
   ・ 窓の断熱改修(内窓設置(二重サッシ化)、ガラス交換(複層ガラス化))
   ・ 外壁、天井又は床の断熱材の施工
    ※ これらに併せて、バリアフリーリフォームを行う場合、ポイントを加算

 (2) エコ住宅の新築
   ・ 省エネ法のトップランナー基準(省エネ基準+α(高効率給湯器等))相当の住宅
   ・ 木造住宅(省エネ基準を満たすものに限る)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>