A4・1枚究極の企画書―伝わる!通る!夢が叶う! (2009-15/100)

A4・1枚究極の企画書―伝わる!通る!夢が叶う!

社内外問わず企画書を提出したことがある人は多いと思います。私も会社員時代から社内提案制度などを活用して企画提案を出していました。提案のために作成する企画書にどういったことを記述すればいいか慣れないとわかり辛いですが、「企画書を受け取る人」を顧客と捉えればわかりやすさと伝わる思いの質・量を両立させる必要があります。
今回紹介したい本はそうした企画書をA4用紙1枚に収めてしまおうというものです。伝わる思いの質・量が変わらなければ企画書の量は少ない方がいいでしょう。量は伝えるために要する時間や無駄にする資源の量と比例しますから。
本書は作成する企画書をいくつかのグループにわけて作成方法をステップごとに説明しています。また60もの事例を掲載しているのでいわばビジネス文例集のように使ってもいいでしょう。この本を拝読して今考えている企画をA4一枚に収めた企画書を作成してみました。作成してみると質を落とさず文章量を減らすことに時間がかかります。そこは頭を使って工夫すべきところでしょう。字で説明すると長くなるところはイラストやグラフを使います。渡して終わりという場合とこの1枚を使って説明するという場合とで作成方法も違ってきます。なかなか面白い作業になりました。今回の企画書は見せる相手がいないのが残念なのですが…

本書はCD-ROMでテンプレートが提供されているバージョン『CD-ROMつきですぐできる! A4・1枚最速の企画書テンフ゜レート』もあります。私は買わなかったのですが効率よく企画書を作成したい人にはいいかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>