「住宅の長寿命化に向けて」特集ホームページ

『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』が公布され国土交通省のモデル事業や住宅履歴書の整備が進められてるなかで「住まいの情報発信局」に「住宅の長寿命化に向けて」という特集ページが公開されています。

不況のあおりを受けて住宅の着工・販売数も減少するなかでこうした動きも失速しがちですが、テーマはいわゆる200年住宅です。200年はどんな長期の景気の波よりも長いのではないでしょうか?苦しい中で長期的な視野にたち工務店など住宅を手掛ける事業者としても今のうちから情報を収集し対策を講じる必要があるでしょう。

すでに長期優良住宅に対して減税措置も講じられます。もちろん安価な住宅よりは割高になるものですが、こうした高付加価値住宅を取り扱い差別化していくことが中小工務店の一つのソリューションになりえるものと考えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です