住宅瑕疵担保履行法の情報コンテンツ

今年の10月1日より施工される住宅瑕疵担保履行法。住宅建築販売を手掛ける皆さん、対応は進んでいますか?

同法に関する解説書籍も多くみられるようになりました。今回紹介したいのは住まいの情報発信局で公開されている同法に関するコンテンツです。簡単な解説や全国の講習会情報が掲載されていて一読の価値ありです。

最近、工務店の支援のなかでよく聞かれるのは「利幅が減っているのにまた費用負担が増える・・・」という嘆きの声です。しかし利用者(顧客)にとって住宅に瑕疵があったときに補修してもらいたいというのは当然の要求である一方、そうしてもらえないリスクが存在することがよく知られています。すなわちそれは住宅購入の際の不安要素なわけです。

住宅のような大きな買物をしてもらおうとする場合、品質や価格面で優れていることは当然のことであり、それ以外の面での対応・気配りが大切となります。今回の顧客不安を払拭されるのもその1つ。自社の倒産リスクを踏まえ、法的にサポート体制が整いつつあることを本来は歓迎するべきではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>