石川県、のとじま水族館の水槽設備設計業務。入札金額ミスで指名停止・・・

石川県ののとじま水族館における水槽設備設計業務において落札者が入札金額ミスで契約辞退。そのペナルティで3ヶ月の指名停止措置となった。(ニュース記事はこちら)

電子入札時の入札金額ミスはあってはならないのだが時折見られるものである。特に桁間違いなどすると大赤字な入札金額となってしまう。(桁が多い場合は当然落札者となることもない)

今回のニュースも同様のものと考えるのも自由であるが、記事を見ればあとのやり直し入札で10万円低い金額での落札となっている。入札後に契約を辞退すれば指名停止は当然予測できる。また公共工事における経営事項審査において行政処分はマイナス項目であるため何年も先までその影響は残るのである。ほかの企業が10万円少ない金額で入札していることを考えればミスした金額はそんなに大きなミスではなかったと予測される。各企業の競争力はバラバラであったとしても指名停止による影響を考えれば多少の赤字工事となったとしてもやるべきではないだろうか。

それでも辞退する理由があったのだろう。

もう指名競争入札なんてやめませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>