和歌山大学でのソフトウェア工学演習講義、今日は要求獲得がテーマでした

10月からはじまった後期。昨年も担当した先端ソフトウェア工学?に加え、今年はソフトウェア工学演習も担当します。

先週はガイダンスでしたので実質今日が1回目の演習となります。今日のテーマは要求獲得。演習の題材となる簡単な資料を手渡しグループでいかに要求をうまく聞きだすか・探り出すかを検討しました。そして私がシステム開発を依頼した部長役。皆さんが聞きたい質問に対して役になりきって返事をしていきます。
課題としてはやはり業務とITの知識バランスが大きくIT側に偏っていることと、その不足を補うための知識・ノウハウが欠如していることでしょうか。これは望むほうが間違っているかもしれませんが、相手はITの素人、業務のプロと考え、業務の最適化などはやはり先方に聞き意見を仰ぐのが吉。皆さん、今日の体験を活かして実務に役立ててほしいと思います。


和歌山大学でのソフトウェア工学演習講義、今日は要求獲得がテーマでした” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>