環境配慮型住宅で金利優遇が増えてきました

地球に優しい環境配慮型の住宅を取得する場合の住宅ローン金利が通常より優遇されるという制度を設ける金融機関が増えてきました。川崎市(横浜銀行など)や札幌市(北洋銀行)などの取り組みがそうです。
環境配慮型というのをどう判断するかといえばCASBEEとよばれる建築物総合環境性能評価システムというものがあります。「建築物の環境品質・性能(Q)」と「建築物の環境負荷(L)」の視点から新築だけでなく既存のものや改修内容についての評価も可能です。
一般家庭における消費電力や排水などの問題を見れば環境に配慮した住宅の整備も重要な環境対策の1つです。しかし単にお金がかかるだけでは長続きしません。今回紹介した住宅ローン金利優遇などのメリットを通して利用が広がっていけばと考えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です