リフォーム業への進出相談

 最近、専門工事を手がける建設会社から「リフォーム業へ進出したいのだが・・・」という相談が増えてきました。ここ数日の間に立て続けです。専門工事会社が今後の活路を見出すにはより専門性を深めて元請(ゼネコン)が得られる付加価値を高めていくか関連業種への進出が妥当なところです。全く異なる業種への進出はノウハウ・経験不足で失敗する可能性が飛躍的に増加します。
 しかしリフォーム業に進出するといっても手付かずの市場ではありません。すでにリフォーム業として切磋琢磨している企業がひしめき合っています。そのことをよく考えていないケースが多いです。単に「今いる業種が厳しいから・・・」とか「ゼネコンからの仕事量が減ったから・・・」という消極的な理由ばかり並べていては成功しません。一番大事なのは「リフォームがしたい!」という意欲であり、この意欲がなければ厳しいリフォーム業界で生き残っていくのは到底無理です。
 ただ消極的な姿勢だった方が相談後に考えを改め積極的な意欲を持てるようになった経営者の方もおられます。そうした方は心から応援したくなってきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>