書籍紹介:ゼロからの戦略的経理マン養成講座

keiriman

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。

今日は拙著『ゼロからの戦略的経理マン養成講座』をご紹介いたします。この6月から安田が講師役を担当する中小企業大学校の決算書の読み方講座や商工会議所さん、商工会さん向けの税務・財務研修の副教材の一部としてご利用いただき好評を頂いております。

執筆したきっかけは・・・

「経理という言葉は古臭いから、うちも財務課に名前を変えました。」
ある企業の経理担当課長の言葉でした。私はこの言葉を聞いて「経理という言葉の意味、経理担当者の本当の役割を理解されていないのではないか。」と不安になりました。

「決算書なんか分析したって、過去のことは何も変わらないじゃないか。」
これは私が講師を務めるセミナーや研修で聞かれる声です。過去が変わらないことは間違いありません。しかし決算書の分析は過去を知ることが目的ではないのです。経営者や幹部の多くが決算書の使い方を知らないことにも不安を感じました。

そうした不安の中で私は「企業経営をサポートする経理マン、できれば戦略的に考える思考力を備えた戦略的経理マンを育てることが急務である」と確信しました。

それがこの本を書こうと思ったきっかけです。この本によって企業の中に戦略的経理マンが育ち、経営者を支え、理想的なビジョンに進んでいく。そうした企業が世の中にあふれることが私の夢なのです。

大手・中堅企業においては経理担当の管理職の方。中小企業においては経営者、または多くの場合その奥さんが担っていることが多い経理の主担当者。これらの方々に知っておいてほしい内容にまとめました。初学者でも理解できるよう入門的な内容から説明していきます。しかし本書は経理や会計の入門書ではありません。経理の役割は経営をサポートすることです。本書で得た知識を使い、戦略的経理マンとして経営のサポート役となってほしいと強く願っています。

目次

序章 戦略的経理マンとは
第1章 会計を直感で把握する
第2章 決算書の基礎知識と戦略的経理マンに必要な読み方
第3章 ボックス決算書でわかる企業の状態
第4章 戦略的経理マンに必要な情報リテラシーと財務分析
第5章 戦略的経理マンのための損益分岐点分析と使い方
第6章 企業経営のサポート役になるために
第7章 キャッシュ・フロー経営と簡易キャッシュフロー計算書の作成
終章 まとめ―戦略的経理マンからの提案書

本書はアマゾンなどオンラインショップや大型書店でご購入頂けます。是非ご一読ください!!

中小企業大学校(関西校、三条校)にて「基本から学ぶ決算書の読み方講座」の講師を務めます!

003 (2)

みなさん、こんにちは。安田コンサルティングの安田です。GW,いかがお過ごしでしたが。安田はキャンプに行ったり、ランニング、ショッピング、カラオケなど家族とたくさんの時間を過ごすことができ充電バッチリです。

そんなGW期間中、ずっと準備をしていましたのが中小企業大学校(関西校、三条校)にて講師を務める「基本から学ぶ決算書の読み方講座」の使用テキストです。2012年から昨年2017年までの6年間、「決算書の読み方」として担当しておりました研修プログラムを大幅に変更いたしまして新たに「基本から学ぶ決算書の読み方講座」としてスタートします。

また、今年度から関西校だけでなく三条校でも担当することになりました。それぞれの研修申込ページはこちらです。

2018年6月5日(火曜)~2018年6月7日(木曜)
三条校:http://www.smrj.go.jp/institute/sanjyo/training/sme/2018/frr94k000000fkbp.html

2018年6月19日(火曜)~2018年6月21日(木曜)
関西校:http://www.smrj.go.jp/institute/kansai/training/sme/2018/frr94k000000ewti.html

受講者はまだ募集中のようですので、もし「決算書をもっと深く読めるようになって経営に役立てたい」ということでしたら是非ご参加ください!