京都商工会議所の創業塾が始まりました!

20160630175214今年度も京都商工会議所の創業塾が始まりました。昨年度は2月でしたが今回は6月スタート。なので年度は変わっても実質4カ月しか経過していません。

全5回シリーズの1回目は以下のようなカリキュラムでした。

  1. 創業を考える
  2. 経営者に必要なもの
  3. 自分の強みを生かす
  4. 創業の動機を考える
  5. 起業に向けたアクションリスト
  6. 創業計画書について
  7. 創業計画書の中身
  8. 強みと機会を活かした経営戦略
  9. 3C分析
  10. 事業コンセプトの明確化

これら10項目を朝10時から夕方5時までみっちりと。座学だったりグループで話し合ったりワーキングの時間があったりと。

懇親会では私自身も一人の事業者として、創業の動機や追求したい理念のことも話させていただきました。たくさんのことを語り、色々な方々の夢の話を聴いたりと、とっても充実した1日を過ごさせて頂きました。

あと4回。皆さんの夢の実現のために元気いっぱいで参ります!!

中小企業大学校にて「決算書の読み方・活かし方」の講師を務めて参りました!

13423858_996503127094623_1726743462617526701_n6月14日から16日までの3日間、中小企業大学校関西校にて「決算書の読み方・活かし方」の講師を務めて参りました。

この研修の狙いは『数字から企業の実態を大局的に捉える決算書の読み方を豊富な事例を交えて学び、自社の特徴や実態に照らし合わせながら、問題点を抽出し、解決策へと導くポイントを実践的に学びます。』となっており、決算書の読み方を最初の基本的なことから学び、財務分析の方法を習得し、自社の決算書の分析をしてみるというものです。

カリキュラムは以下のような内容です。

6月14日(火曜) 経営管理に活かす決算書の知識
財務諸表の種類・内容と各科目の読み方、基本的な財務分析の手法について学びます。

  • 企業会計の種類と考え方
  • 決算書の種類・内容
  • 財務分析の基本(比率分析・損益分岐点分析)
6月15日(水曜) 決算書の「読み方」の実践(演習)
モデルケースから決算書の数字の流れ、経営改善のポイントを学びます。

  • 経営指標から予測・判断できること
  • 改善策検討のポイント
6月16日(木曜) 経営改善への活かし方
自社の決算書分析から、実際に抱える経営上の問題点と、その原因・課題を考察します。

  • 自社の決算書を読む(演習)
  • 問題点の抽出と改善策の検討

この研修の講師は2012年から任せて頂いており、今回は5回目となります。私にとっても1年を通した仕事の中でこの研修はとても重要な位置を占めているものです。

今回は拙著「ゼロからの戦略的経理マン養成講座」を副教材として採用していただきました。書籍内と数値を併せるなど配慮することで、あとで復習しやすくなるよう工夫しております。

この研修で受講者の皆さんが決算書の読み方・活かし方を習得し、企業の業績が改善していく中で皆さん自身が仕事にやりがいや誇りを感じ、幸せになっていってほしいと強く願っています。

「経営戦略に活かす管理会計の極意と収益改善スパイラル」

002今日は東京にて講演でした。タイトルは「経営戦略に活かす管理会計の極意と収益改善スパイラル」です。建設業向けに以下の3つの内容をお話しさせて頂きました。

1.ビジョンと戦略マップ

会社経営とはビジョンの立案と達成への取り組みの繰り返しと言えます。だからこそ企業のあるべき姿を表すビジョンが全社員にとって魅力的であり、その達成のために必要な戦略が正しいものである必要があります。講演の最初はビジョンと戦略についてです。特に戦略については戦略マップを使って正しい戦略を導く方法も紹介します。

2.収益改善スパイラル

ビジョンに向けた取り組みすべてにおいて投資資金が必要です。その原資となるものはもちろん工事から得られる利益です。利益を再投資し強みを伸ばし付加価値を高めていく収益改善スパイラルについて説明し、管理会計をいかに活用するか解説していきます。

3.財務分析概要

講演の最後は財務分析の進め方について解説します。多くの会計システムで財務分析指標の数値が参照できるようになっていますが、どのように分析を進めていけばいいかわからない方が多いようです。財務分析を経営に活かすために初歩的なことから改善策の立案までを説明します。

このセミナーはあさかわシステムズ株式会社さんの主催。あさかわシステムズさんが開発された基幹システムを使って管理会計をどのように進めていくかも併せて説明させて頂きました。

建設会社の皆さんに何等か経営のヒントをご提供できていれば幸いです。このセミナー、このあと名古屋、大阪、福岡にて開催予定です。詳しくはあさかわシステムズさんのホームページをご覧ください。

経営戦略に活かす管理会計の極意と収益改善スパイラル

20160607225159先日、茨城県水戸市にて建設業向けの経営セミナーが開催され、第1部の講演を担当してきました。

講演タイトルは『経営戦略に活かす管理会計の極意と収益改善スパイラル』です。

内容は概ね以下の3つです。(セミナー案内文からの抜粋です。)

  1. ビジョンと戦略マップ
    会社経営とはビジョンの立案と達成への取り組みの繰り返しと言えます。だからこそ企業のあるべき姿を表すビジョンが全社員にとって魅力的であり、その達成のために必要な戦略が正しいものである必要があります。講演の最初はビジョンと戦略についてです。特に戦略については戦略マップを使って正しい戦略を導く方法も紹介します。
  2. 収益改善スパイラル
    ビジョンに向けた取り組みすべてにおいて投資資金が必要です。その原資となるものはもちろん工事から得られる利益です。利益を再投資し強みを伸ばし付加価値を高めていく収益改善スパイラルについて説明し、管理会計をいかに活用するか解説していきます。
  3. 財務分析概要
    講演の最後は財務分析の進め方について解説します。多くの会計システムで財務分析指標の数値が参照できるようになっていますが、どのように分析を進めていけばいいかわからない方が多いようです。財務分析を経営に活かすために初歩的なことから改善策の立案までを説明します。

セミナーの目的はビジョン達成のための原資となるキャッシュを確保するためにいかに管理会計を導入し、会計システムを使いこなすか伝えることにあります。80分という短い時間の中、内容盛りだくさんでお伝えしてきました。

「これと同じ内容を社内研修でも行うことができますか?」といった嬉しい評価も頂きました!よりよい講演、研修を目指してこれからもがんばります!!

 

セミナー、研修予定を更新しました

P1360306トップページに掲載していますセミナー、研修予定を更新しました。

現在掲載している内容は以下の通りです。

実施予定日 内容
2016/5/19 建設業経営セミナー 場所:水戸市
主催:民間企業
2016/6/14-16 決算書の読み方
主催:中小企業大学校 関西校
2016/6/17 建設業経営セミナー 場所:東京(浜松町)
主催:あさかわシステムズ株式会社
詳細情報はこちら
2016/6/23 増税に備える!建設会社の経営10個のポイント
主催:田辺商工会議所
詳細情報はこちら
2016/9/25,26 経営指導員向け研修
主催:中小企業大学校 関西校
2016/7/10~8/21 全5回 はちまん創業塾
主催:安土町商工会 近江八幡商工会議所
詳細情報はこちら
2016/9/25,26 経営指導員向け研修
主催:中小企業大学校 関西校

併せまして、これまでの実績も更新しておりますのでご覧ください。

建設業許可手続きの概要について研修してきました!

13055333_969182323160037_2361639649276898225_n4月28日、滋賀県にて建設業許可手続きの概要について研修の講師を務めてきました。

研修は3時間で主な内容は以下の通りです。

1.建設業許可の基礎知識
(1)建設業許可とは?
(2)建設業許可の取得要件

2.建設業許可申請について
(1)許可申請書の作成
(2)確認資料の準備

3.申請後の流れ
(1)5年毎の更新
(2)入札に参加するまでの流れ

研修の実施は地元の中小企業支援機関です。皆さん、建設会社さんからこうした問い合せを多々受けるようでそのための知識補充が主な目的です。研修の事前打ち合わせでは「行政書士でなければ申請書類を代わりに作成することはできないので、あくまで支援者は助言アドバイスするのみに留めてほしい」と伝えておきました。

さて、研修しましたのは滋賀県です。私は行政書士としての活動は大阪府内だけですので滋賀県の申請マニュアルを事前にしっかりチェックしました。かなり異なっている部分があって少々ビックリしました。良い勉強をさせてもらいました!

京都商工会議所さんにて夢の実現のお手伝い

003今日と明日、京都商工会議所さんにて創業者向けの経営相談窓口を担当しています。相談者は2月~3月にかけて行われた創業塾の参加者の皆さんです。

1日目の様子については過去にこちらのブログで紹介させて頂きました。2日目はマーケティングと資金計画や利益計画のこと。3日目は他の先生方に会計処理や手続き面、融資制度や販路開拓について話をさせていただき(この日は安田が堺商工会議所さんの創業セミナーと重なっていたんです)、4日目は社労士の先生に雇用や人材育成について話していただいたあと創業体験談、プレゼン大会と進んでいきました。

今日はそれらの方々から相談を希望された方の創業に関する相談を受けていました。今日は5人。明日は6人の方が来られます。それぞれ皆さん自分の胸に夢や希望を持っています。その夢や希望でもって幸せになろうとしています。そんな人たちの相談では当然、「どうやったら幸せになれるか?」が根底のテーマになります。だから「不幸になりそう・・・」だったら必至に止めに行きます。止められてやめるぐらいだったら、やらない方がいい。「何で安田にそこまで言われなあかんねん!」と啖呵をきれる人は喜んで送りだします。今日の5人の方も、色々な方向から質問を投げかけ確認していきました。嫌な思いをさせる質問も投げかけました。「私がこのアイデアをもらってやったほうがうまくいきそうですね」なんてことも言いました。全部、相談者の幸せを願ってです。

明日の6人も楽しみです。夢や希望、その人の人生に踏み込む仕事です。真剣勝負で元気いっぱいにいきたいと思います!!

 

堺商工会議所にて創業支援セミナーの講師を務めてきました!

P13603062月27日の土曜日に堺商工会議所で開催されました創業支援セミナーの講師を務めてきました。こちらのセミナーは朝10時から夕方5時まで、間の休憩をはさんで6時間、創業についてしっかり学ぼうというセミナーです。

2009年度から講師をさせて頂いて今回が7回目となります。

安田自身も堺商工会議所で開催されました創業支援セミナーを独立時に受講したこともあってとても縁があるセミナーの1つです。

毎年ワンパターンで恐縮ですが、大切なところで「創業者は元気で負けるな!」の話から始まり、創業とは何か、経営者の心構え、事業コンセプト、創業計画書の必要性とその内容、マーケティング(AIDMA)、収支計画や資金計画などの数値面、開業手続き、インターネットやITの活用といった盛りだくさんの内容でした。

お伝えしたいことがたくさんあったため、とっても凝縮したセミナーとなりましたが、アンケートの結果を教えて頂いて概ね良好だったことで安堵いたしました。

創業塾や創業セミナーは人の人生にとって「新たな幸せになるための道」を解説するものだと思っています。受講生の皆さんにとって創業という幸せの選択肢が増えたことで、自らの幸せを追求してほしいと思っています!

2月は堺商工会議所さん、京都商工会議所さんで創業関係の講座が並行で進むという、私にとっては創業月間でした。皆の夢の実現にかかわることができて本当に幸せです(^^)!

堺商工会議所にて「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の講師を務めてきました!

IMG_67862月17日に堺商工会議所の会員さん向けに「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の活用について研修を行って参りました。

ちょうど公募が始まった直後で、今回は2次募集が無いということもあり多くの方に集まって頂き熱心に話を聴いていただきました。

研修は2部構成で1つは公募要領の読み込みです。大切なところを抜粋して細かく読み解いていくことを時間をかけてやっていきました。2つめは安田コンサルティングで用意した虎の巻の説明です。公募要領を読み込むと書くべきことが明瞭にわかるのですが、慣れない方が読んでも漏れや抜けが発生してしまいます。そのために用意したのが虎の巻です。書くべき項目の見出しと簡単な解説が入れてあるのでそこを埋めていけばとりあえず必要なことは全部書けるというものです。皆さん、そちらの方が喜んでもらえたような気がしています。

多くの方が助成金を手立てとして設備投資や開発を進めていっていただければ私もとっても嬉しいです。

京都商工会議所さんでの創業塾1日目

12742321_923020911109512_3953653384416325925_n

2月13日、京都商工会議所の創業塾で講師を担当しました。ここ数年、創業関係の支援や研修の講師ご依頼が多くなっており嬉しい限りです。

多くの創業予定者の夢に関わることができてうれしくもありますが身が引き締まります。そして、自分が創業した11年前を思い出し、自分も創業関係のセミナーに参加して色々な気づきをいただいたことを感謝しています。

1日目は商工会議所の方からのオリエンテーションの後、開口一番の挨拶はお約束のやり直しで皆さん元気いっぱいでスタート。創業者が負けてはならない大切な要素について最初にお伝えしました。

そして創業とは何か、創業者に必要なもの、自分の棚卸、創業計画書の作成意義について、事業コンセプト、マーケティングなど色々なことを語りました。グループディスカッションでは『「経営者は自由」ってどういうこと?』や『あなたの人生の成功って?』といったテーマで意見交換してもらい色々な人たちの価値観に触れつつお互いの交流を深めてもらいました。

伝えたかったことの一つに「反応を起こす側の人になる」ということです。「反応しない人」から「反応する人」になるためには感度を上げていけばいいです。しかしさらに「反応を起こす人」になるには変化に気が付ける人にならなければなりません。間の説明は割愛しますが、そのために必要なのが「感謝」であり「ありがとう」なのです。経営者にもっとも必要なことです。

「ありがとう」マインドがあふれる経営者がこれからどんどん増えていく。

それを想像しただけでも私は自分の理念に従ってこの仕事をしていてよかったと強く思います。

私の話しはいつも「想い」が中心で、権限や責任、そしてやりがいや人生、生き様といったキーワードが飛び交います。自分が飛び出そうとしている世界は世の中の大多数の人が体験することのできないものです。だから不安もあるしリスクもある。でも夢を叶えるためにリスクを負うことは当然です。その夢が何なのか。どういった人生を歩みたいのか。たくさん言葉に魂を込めて投げかけてきました。

終了後は懇親会。いつも思うのですが創業関係のセミナーの懇親会はとても盛り上がります。それは皆さんが自分の人生に対して前向きだからでしょうか。それぞれの考えていること、思っていることを伝えあいます。講義の中でも「語れば叶う」という安田の勝手な思い込みを押し付けたこともあって、皆さん沢山語っていました。意見を求める、助言をいただく、など相手からギブしてもらうこともありますが、語るためには頭の中を整理することにもなりますし、語っている途中で新しいアイデアが生まれることもあります。もちろん語った相手が納得して応援してくれると自分の力にもなります。

次回はマーケティングの続きから資金や収益など金銭面でのお話しも織り交ぜて創業計画をブラッシュアップしていきます。