「建設業での5Sについて」というテーマで講演して参りました!

建設会社での5Sこんにちは。安田コンサルティングの安田です。4月10日、香川県内の商工会さんの建設業部会で講演して参りました。テーマは「建設業での5Sについて」です。

5Sといえば製造業で頻繁にその重要性がうたわれていますが、建設業でもとても大事な取り組みの1つと言えます。

その理由の1つが「現場での災害を無くすため」です。5Sのスタートは整理整頓からですが、そこからミス(ヒヤリハット)を減らし、ケガや死亡事故を減らす効果があります。他業種より危険作業が多い分、効果は大きいと言えるでしょう。

ただし、現場はその都度変わります。5Sをチームで取り組むにも、現場に携わる企業は複数あり、その組み合わせも毎回変わります。だから導入がなかなか難しいのです。また元請企業であれば現場を取り仕切り5Sの導入も幾分進めやすいですが、下請企業は元請企業の意向に影響を受けるため、導入すらできないといったことも起こります。そのため、まずは倉庫や工具箱のなかといった、自社内で完結するところからスタートするのがいいでしょう。

「今さら、整理整頓だなんて・・・」

こんな心の声がすごく聞こえてきます。私は5Sは整理整頓、安全活動の1つだけには収まらない大切な要素が含まれていると考えています。

その1つは収益性の改善です。整理整頓は「もの探し」という生産性ゼロの行動を減らすなどいわゆる「ムダ減らし」活動の1つです。ムダ=浪費(コスト)ですから、そこを減らすことで収益改善につなげていくわけです。また整理整頓に清掃や清潔が加わると重機や工具の手入れといった活動も加わります。これも故障などによって現場が止まることを防ぐことになりますし、その延長上には「段取り」を大切にするという建設現場にとってとても重要なポイントにつながっていくのです。

2つめは人材(採用・定着・教育)についてです。5S活動の中で行われる「見える化」の工程は作業の標準化・ルール化につながっていきます。一匹狼・属人的な経験だけに頼った仕事ばかりでは、新たにその業界に入ってくる若手にしたら決して「魅力的な業界」とは映らないでしょう。「客観的にものごとを見える化してルールを決め、それを守る」こと。それは企業に求められる姿であり、その姿を見て「この会社で働いてみたい」という人が増えてくるのです。そうした取り組みは採用・定着率の向上だけでなく、5S活動を社員に主体的に取り組んでもらうことで、役割の認識し、成長と達成感を味わい、人から感謝されることでモチベーションがあがり、積極性や主体性を持つ社員に育てることにつながります。

今回の講演は1時間という短い時間でした。5Sの知識としてのレクチャーと上述のように「どうして5Sが大切なのか」、それと「ビジョンやモチベーション、組織力と5S」といった経営により近い視点での話を中心に行いました。

ご参加いただいた方の気づきと改善のきっかけとなっていましたら幸いです。

朝来市商工会さんにて「戦略的経営者養成講座 決算書を利用した理念経営のすすめ」というテーマで講演してきました!

16003022_1060561624070186_5766071323791676680_n朝来市商工会さんにて「戦略的経営者養成講座 決算書を利用した理念経営のすすめ」というテーマで講演してきました!

この講座。きっかけはこちらの商工会青年部のOさんが青年部メンバーの経営力を高めるための方策を考えておられた際に、近くの豊岡市商工会のM指導員さんに相談したところ、安田をご紹介いただき実現しました。そのOさんは10月に豊岡市商工会さんにて開催された安田が講師のセミナーを聴きに来られ、「この話を朝来市商工会青年部のみんなに聞かせたい!」と感じられたそうです。10月の講演の様子はこちらに記載しています。

私が青年経営者の方々に研修する場合は、特に「仕事に誇りを持ち、リーダーの役割である「夢を語る」ことと「皆を巻き込む」ことをとにかく一生懸命にやろう!」ということです。それが自らの、社員の、関わる人の人生を豊かなものにしていくからです。

15940410_1060561630736852_506009304513531187_nこうしたことを説明する際に、経営理念やビジョンのことは欠かせません。しかしこのセミナーは管理会計がテーマです。だから「決算書を利用した理念経営」となっています。具体的な講演の内容は以下の通りです。

  1. 経営理念とビジョンについて
  2. 利益と競争力について
  3. 決算書の読み方
  4. 財務分析の進め方
  5. 目標損益計算書と目標貸借対照表

時間が2時間というかなりタイトなこともあって、理念とビジョンに重きをおくとどうしても決算書の読み方について十分な解説ができません。だから興味を持ってもらう入口のところまでに留めました。でも理念とビジョンのところは、私の思いも含めしっかり届いたと思います。

終了後は懇親会もご一緒させていただきました。熱き志をもつ若手経営者。次の世代を担う彼等の力になれたかと思うととても幸せな1日でした。

豊岡市商工会さんにて創業(経営)支援セミナー 「夢(想い)をかたちに」「経営の基礎を振返る」 の講師を務めて参りました

15284858_1152739068174806_2042805928469198397_nみなさん、こんにちは。安田です。今日は、12月に豊岡市商工会さんにて開催されました創業(経営)支援セミナー 「夢(想い)をかたちに」「経営の基礎を振返る」 のお話をします。

といってももう1カ月以上前のことで、海外出張や年末年始、そして他の業務が重なったためブログでのご紹介が本当に遅くなってすみません。

今、このブログを書いているのは年が明けて12日。実は今日も豊岡市商工会さんにお邪魔させて頂いております。休憩中にブログあわてて書いています・・・

豊岡市商工会さんにて創業セミナーの講師をさせて頂くのは3回目(3年目)になります。いつも和やかで温かな雰囲気のなか、創業について、「経営者になることってどういうこと?」から始まって色々なことを皆と一緒に考えるこの機会が大好きです。12月。外は寒い。でも中は温かい。脳を活性化するための甘いお菓子やコーヒーなどもあって私も休憩時間中にお菓子をつまみながら楽しく講義をさせていただきました。

2日間に渡って説明させていただいた内容は以下の通りです。

創業を考える
経営者に必要なもの
自分の強みを生かす
創業の動機を考える
創業計画書について
強みと機会を活かした経営戦略
事業コンセプトの明確化
マーケティングのポイント
3C分析
マーケティングの4P
資金計画のポイント
売上計画のポイント
ホームページ
ブログでの情報発信
ネットショップの開設と集客
コンバージョン
SNS
クラウド活用する
プレゼンテーションで大切なこと
開業手続き

もうすぐ発刊される創業に関する書籍の原稿を書きあげたこともあって、昨年とはリニューアルされ内容も盛りだくさんでお伝えしてきました。

このセミナーが、皆さんにとって創業のことを考え、夢の実現をしたり、また創業とは違う道を歩む選択をされたり、とにかく人生が豊かになって幸せになるヒントになったら最高です!

鹿児島商工会議所さんにて『かごしま創業塾』の講師を務めてまいりました!!

00111月18日、19日の2日間、鹿児島商工会議所さんが主催する「かごしま創業塾」の講師を務めて参りました。

この創業塾は全6回シリーズで開催され、それぞれ以下のような内容でした。

1回目:オリエンテーション、創業の心構え
2回目;労務の基礎と助成金
3回目:税務・経理の基礎
4回目:創業融資、銀行取引の留意点
5回目:マーケットの見つけ方と顧客作り
6回目:ビジネスプラン作成の基本

私が担当したのは5回目と6回目です。

5回目の内容は3C分析、マーケティングのポイント、4P(商品、広告宣伝、販売チャネル、価格)、AIDMAとAISAS、ホームページやブログの活用、ネットショップと集客、SNSの活用。これらを2時間で語るという非常に忙しいくも濃密な内容でした!

6回目の内容は経営に必要な10のポイント、経営理念、経営ビジョン、経営戦略、強みと機会を活かす、ビジネスプラン、事業コンセプト、資金計画と資金調達、収支計画、売上拡大作戦等です。こちらは3時間。それでもビジネスプラン、事業計画の内容を一通りとなるとかなり幅広くなり3時間もあっというまに過ぎていきました。

終了後は何人かの受講者の方々とディスカッションさせていただき、感想をいただくなかで満足してもらって良かったと安堵いたしました(^^)

001こちらは2日目の早朝にランニングした際の桜島の写真。あいにく雲にかくれていましたが、桜島周辺コースをずっと走りたかった1つの目標がかなえられて、こちらも充実した時間を過ごすことができました!

経営計画作成セミナーの講師を務めて参りました

img_1793豊岡市商工会さんにて11月14日と12月2日の2回、経営計画作成セミナーの講師を務めてまいりました。

ものづくり補助金や持続化補助金にて事業計画を作成する企業が増えていますが、補助金のための計画作りはきっかけとしては良いとしてもやっぱり自社の発展のためにしっかりとした経営計画を立案してほしいものです。

そこで今回のセミナーは補助金申請を念頭におきつつも経営計画をどう作成していくのか解説いたしました。内容は以下の通りです。

  1. 経営計画書策定の必要性について
  2. 経営分析(自社の強み)を活かした 実現可能な経営計画書の書き方について
  3. 経営計画書作成の手順について
  4. 小規模事業者持続化補助金の計画について

経営計画といえばどうしても分厚いドキュメントというイメージがありますが、最初はA4サイズ1枚からスタートするのがお勧めです。そこでセミナーではその書式例なども示しながら最低限きさいすべき内容を紹介しました。

特に重視したのは売上や利益は目標ではなく手段であることです。ビジョン達成のために資金が必要であり、その資金は利益から調達されるべき。そしてその利益を確保するために売上が必要であるという構図です。「経営計画は目標ありき。目標と言えば売上か利益・・・」そんな計画は経営者しかワクワクしません。全社一丸となって、社員が「本当にそうなりたい!」と元気が出てくるような計画づくりのポイントについてお伝えしてきました!

経営と夢と会計について

14650529_1103315676450479_8005102345390307432_n10月24日、25日の二日間、豊岡市商工会の青年部さん向けに「経営と夢と会計について」というテーマで研修講師を務めて参りました。

講演は二日間のそれぞれ2時間ずつ。計4時間で以下の内容について語ってきました。

 

 

経営理念とビジョンについて

  1. 利益と競争力について
  2. ビジョン達成に向けての作戦
  3. 経営計画
  4. 目標損益計算書と目標貸借対照表

今回はとくに受講者が若手経営者の皆さんということもあって、とにかく夢を持つことの重要さに重きをおきました。売上や利益だけのつまらない目標を頭に掲げるのではなく、それこそ本気なのであれば「○○業界で世界征服!」であってり、「社員満足度日本一!」であったり、「おもしろい会社No1」など大風呂敷を広げて真面目にその実現に向けてまい進してほしいと伝えてきました。

そしてそこに至るまでの戦略や計画の必要性。そして夢を実現するための原資であるキャッシュ、利益を獲得するための管理会計のことなど。講演は多岐にわたりましたが、すべては「夢の実現」のためにあると締めくくりました。

残念だったのはお腹の調子がわるく、懇親会にご一緒できなかったこと・・・でも両日の終了後の皆さんの質問や感想などを通してとても満足頂いたのだと実感できてとてもよかったです!

私も若手(?)経営者の1人として、「ほんまにやるの?」という夢を掲げて日々邁進しています。彼らには負けてられませんから(^^)

大津北商工会さんにて経営ビジョン作成講座の講師を務めて参りました!!

すっかり涼しくなりました。もう11月も間近にせまりあっという間に年末モードに入っていくのでしょうね。月日の経つのは本当に早いものです。

%e5%86%99%e7%9c%9f2016%e5%b9%b411%e6%9c%88%e5%8f%b7先日、滋賀県大津市の大津北商工会さんにて「建設業中心!!若手経営者のための経営ビジョン作成講座」というテーマで講師を務めて参りました。受講者は地域内の建設関連企業の経営者と後継者です。
この講座は経営計画作成のための第1弾として開催されたものです。本来、数値面だけの経営計画作成講座だけだったのですが、主催者にお願いして2回シリーズにしていただきました。その理由は、「計画はビジョン達成のためのものであって、ビジョン無き計画には意味が無い」と考えているからです。売上や利益を今年度より少し多くしただけの計画が多く見られます。得られた利益を何に使うのか。企業として長期的なビジョンとそこに向かうための戦略が練られてない計画はただ数字だけを追い求めるだけの味気ないものになってしまいます。だから数字を考える前にビジョンを考える講座をお願いしたのです。
「自社をどうしていきたい?」という単純な投げかけです。5年後の平成33年。オリンピックも終わり、東北の震災から10年の節目。建設投資は減少を続けおよそ40兆円になると見込んでいます。そんななか維持修繕の割合がおおよそ50%まで伸びてくるという外部環境に対して企業の取りうるべき姿が見えてきます。ポイントは「維持修繕の対応」、「雇用と人材教育」、「BCPへの対応」、「海外進出の検討」などが挙げられます。こうした建設業界の外部環境について説明させて戴いました。その次は内部環境、特に企業の強みに対しての解説です。多くの企業が「品質」、「技術力」、「腕前」といった当たり障りのない強みを掲げています。そもそも自社の強みについて時間をかけて考えたことも少ないのが実情です。強みをしっかりと定め、再投資をしてさらに競争力を磨いていくことがビジョンの軸になるもので、強み溢れる企業で仕事をすることが社員の誇りや遣り甲斐にもつながり人材教育にもつながっていくのです。
そうした環境分析ののち、各自にビジョンについて語ってもらいました。「○○地域で1番になりたい!」や「東京に進出したい!」といったビジョンを最初に語ってくれた受講者の方々も次第に色々な角度からビジョンを検討していただけるようになりました。
次回はそのビジョンをいかに達成するか。そのためにどれぐらいの利益が必要で、目標損益と目標貸借をどのいうに捉えるかを解説する予定です。

西宮商工会議所にて起業家向けにIT戦略を語ってきました!

14233258_1056241724454096_138003857174413470_n昨日は西宮商工会議所にて起業家向けにIT戦略を語ってきました。起業塾のカリキュラムの1つであるIT戦略を担当させて頂き3時間弱ITのことを説明してきました。

内容は以下の通りです。

  1. 販路開拓のためのAIDMA、AISASについて
  2. ホームページの開設
  3. その他の情報発信
  4. ネットショップの開設
  5. 集客のためのSEOや広告の活用
  6. 成約率を高めるデザインや写真、接客のこと
  7. SNSの活用
  8. クラウドサービスの活用
  9. 業務系ソフトウェアの活用

そしてこれらの説明の傍ら、ゼロからワードプレスを使ってホームページを作ってみるというライブも実演。本当にもりだくさんの3時間でした。

これだけ盛りだくさんだと受講者がすべてを持ち帰るのは難しいため、プロジェクターで照射した画面をビデオ撮影。後日、そのビデオを受講者の方々に閲覧していただけるように工夫しました。

終了後も熱心に質問をたくさんいただいて、皆さん特にブログやSNSの活用に大きな注目があることがわかりました。

最後はもちろん、「夢の実現がんばってください!!」とお声掛けして会場を後にしました。とにかく熱い3時間でした!

行政書士会の支部にて「行政書士が知っておくべき決算書の読み方」の研修をさせていただきました

A-1行政書士会の支部にて「行政書士が知っておくべき決算書の読み方」の研修をさせていただきました。

※この猫は「ユキマサくん」といって行政書士会のキャラクターです。

私は行政書士として5年程前に登録しましたが、業務は専ら建設業許可申請、経営事項審査、入札参加資格申請しか行っていません。こうした方は珍しいようで、殆どの行政書士さんは個人からの相続や遺言関係の仕事が多いようです。

その大きな違いはお客様が個人か法人かということになりますが、法人のお客様に対して行政書士として何かアドバイスや助言ができるようになると良いというわけで、決算書の読み方を勉強しようということになったわけです。

※前回も研修講師を担当しましたが、そのときは補助金申請の仕方についてでした。

今回の研修の内容は以下の通りです。

1.決算書の種類と読み方

2.財務分析の進め方

3.キャッシュ・フロー経営の最初の1歩

3時間という短い時間で詰め込みすぎの感じもありますが、自著「ゼロからの戦略的経理マン養成講座」をプレゼントさせていただきあとで復習していただけるよう工夫いたしました。

あとさりげなく、「カンボジア自転車プロジェクト」もPR。協力者が出て頂けないかなぁとひそかに期待しております。

所属する支部活動にはなかなか参加できていないのですが、こうして頼りにして頂けるのは本当にうれしいことです!

 

はちまん創業塾 始まりました!!

0017月10日から5週に渡って開催される「はちまん創業塾」がいよいよスタートしました。私は第2週を除く4回分のメイン講師を務めます。

すでに始まっている京都商工会議所さんの創業塾と並走していますので、6月、7月、8月は創業支援月間となっています。

この「はちまん創業塾」は近江八幡商工会議所安土町商工会の共催となっています。この講座は近江八幡市の特定創業支援事業になっており、一定以上の受講により発行される証明書により法人設立の登録免許税が減免されたり信用保証の特例が受けられるようになっています。

初日は創業の心構え、創業計画書の概要、事業コンセプトの3項目について説明しました。その後、ワーキングを経て交流会へ。交流会は私の無茶振り司会にもめげず皆さんしっかりと交流されていました。創業塾の交流会って、前向きな方々が多いせいかとっても盛り上がります。

「あなたの夢をカタチに!」というサブタイトルに沿う、実りある講座にしていきます!