元気つうしん 2016年9月号 Vol.14

表

~事務所だより~

8月は暑い日が続きましたね。私にとって8月は別の意味で熱い月となりました。

この夏は京都商工会議所と近江八幡商工会議所の2か所で並行して創業者向けの研修(いわゆる創業塾)の講師を担当しておりました。これから商売を開始しようとする人たちに向けて、「事業を始めるとはどういうことか」や「経営者になるとはどういうことか」の話から創業計画書の作成の方法、ビジネスコンセプトの立案など様々なことを伝えてきました。

それらの話の中で、「経営者の責任」についての話があります。経営者は大きな責任を負うわけですが、「誰に対して、どのような責任か?」を考えなければなりません。受講生に聞いて見ましたら、「誰」の部分では社員、顧客、協力会社、金融機関など様々な答えが。そして「どのような」の部分では順に「生活を守る」、「良い商品サービスを提供する」、「良い取引関係を継続する」、「借りた金を返済する」といったものが挙げられました。

この質問でなかなか出てこないのが「自分」という回答です。経営者は自分自身にも責任を持っています。それではどのような責任なのでしょうか・・・

私たち経営者は様々な責任を負っていますが、一番大きな責任は「私達自身が最高で幸せな人生をおくる」ということだと考えています。もちろん他人の迷惑の上にたった幸せでは意味がありません。「自分の周りの人たちが皆笑っていて、自分自身がそれを見て幸せを感じる」という幸せです。その幸せを死ぬまで続けることが出来たとしたら、「最高で幸せな人生」になるのではないでしょうか。

創業者は「夢の実現」を目標に創業塾に来ています。しかし多くの方はその夢を道半ばで諦めてしまいます。もちろん別の道でも「最高で幸せな人生」は存在するわけですから創業が全てではありません。また創業に至った人たちも、いつのまにか「こんなはずではなかった」と創業したことを後悔する場合も多いのが実情です。

「私たちは誰しもが最高で幸せな人生をおくる権利があるし、それを追求すべきです。」いつも創業塾で熱く語る部分です。その想いをのせた言葉は私の耳を経由して自分に返ってきます。熱い熱い8月が終わろうとしています。9月以降も全速力で突っ走りたいと思います!

 

裏~建設業ニュース~

■ 新築着工数が2030年には6割に減少

野村総合研究所によると2015年には92万戸だった国内の新設住宅着工戸数は30年度に6割の54万戸まで減少するとのことです。減少の幅もさることながら、大工の減少も関係して、この54万戸の供給すら危ぶまれているとのことです。リフォーム市場の方は今後10年、15年先までは6兆円程度の市場規模で現在の規模が維持される見込みとのことです。

 

■ 知っておきたい略語・カタカナ語

ニュースではありませんが、日経コンストラクションの記事に掲載されていたキーワードを紹介します。皆さん、いくつご存知ですか?ちなみに私は7個でした。もっと勉強します!

ドローン、パワーアシストスーツ、ウエアラブル端末、ビッグデータ、ETC2.0、IoT、i-Construction、CIM、メンテナンスサイクル、ISO55001、リアルタイムハザードマップ、タイムライン、ラウンドアバウト、BRT、インバウンド、ストック効果、インフラシステム輸出、インフラファンド、コンセッション、ECI方式

 

~月ごよみ 9月~

9月2日   宝くじの日                          「く(9)じ(2)」の語呂合わせから第一勧業銀行(みずほ銀行)宝くじ部が1967(昭和42)年に制定しました。引き取り手のない賞金は毎年200億円以上あります。

9月7日   クリーナーの日                        「ク(9)リーナー(7)-」の語呂合わせから、眼鏡クリーナーの製造会社、バールが制定した記念日です。10月1日は「眼鏡の日」で、「目の愛護デー」の10月10日までが「目と眼鏡の週間」になっています。

9月14日  コスモスの日                           ホワイトデーから半年目の今日、プレゼントにコスモスを添えて交換し、お互いの愛を確認しあう日といわれています。ちなみに赤い秋桜(コスモス)の花言葉は「愛情」です。

9月18日  かいわれ大根の日                            8を横にして下に1を書くと貝割れ大根の芽を想起させることから、日本かいわれ協会(現日本スプラウト協会)が1986(昭和61)年9月の会合で制定しました。

9月24日  清掃の日                            1971(昭和46)年のこの日に「廃棄物処理及び清掃に関する法律」いわゆる「廃棄物処理法」が施行されたことにちなんでいます。

9月29日  招き猫の日                           「くる(9)ふ(2)く(9)」(来る福)の語呂合わせから、日本招き猫倶楽部と愛知県瀬戸観光協会が記念日に制定しました。

 

~雑記~                                                                                                   この暑い中、熱い盛り上がりのリオオリンピックが終わりました。凄い凄いアッパレ41個のメダル。寝不足になりながらも特にテニス、卓球、男子体操、柔道etc.etc.見ずにはいられませんでした。7人制ラグビー、ゴルフも追加されていたので、主人や息子も共に盛り上がっていました。また、最後の閉会式、リオオリンピック~東京オリンピックの映像、凝ってるし楽しくて凄かったですね!! 2020オリンピックは息子の好きな野球も再開するし、家族で盛り上がりに行けると良いなぁって思っています。 めっちゃ2020東京オリンピックが待ち遠しいです。チケット取れるかな!? (T)

建設業許可申請でご紹介いただきました

今日はお客様からありがたいお話をいただきました。

下請の協力業者さんが建設業許可の取得を検討しており、すでに行政書士さんと相談を進めているようなのです。ただ、レスポンスが悪くなかなか進まないとのことで、「それやったらうちのセンセーに頼んだらええやんかー!」ということで話がこちらに回ってきました。

こうして頼りにしていただき、ご紹介いただける瞬間は本当に嬉しいことです!ご期待に沿えるようにがんばります!!

ちなみに今日は別件で大阪府庁へ。行政書士な1日です。建設業許可の新規申請なのですが、お客様の方で色々あり、何とか申請にこぎつけました。

難しい案件でも何とかなりそうな道が見つかったとき、専門家としてのやりがいをすごく感じます!

京都商工会議所の創業塾で夢に向かう人たちを応援

009先日こちらのブログでもお伝えしました京都商工会議所の創業塾が7月23日に無事終了しました。

最後はプレゼン大会がメインでたくさんの方に自分の夢を発表してもらいました。夢を胸に話す皆さんの姿は本当にまぶしく、私の胸も熱くなりました。

創業塾では創業者たるものの心構えから入り、事業計画を検討するための本当に多岐に渡るインプットを行います。プレゼンはその成果でもあるわけです。

塾の最後に私の話をさせていただきました。今年の創業塾は本当に特別で、開催期間の間に私のなかで大きな出来事がありました。そして「どう生きるのか、夢を追うとはどういうことなのか」といった話をさせて頂きました。創業するもしないも、それを判断するノウハウを学んだのです。創業することが一番大切なことではなく、自らの判断で「幸せになる」ことが大切だとお伝えしました。

終了後は懇親会。溢れる思いを語り合い、最後は参加者全員と握手して別れました。またどこかでお会いしたときに「いま、楽しくって仕方がありません!!」という一言が聞けたら最高だと願っています。

元気つうしん 2016年8月号 Vol.13

 

無題

~事務所だより~

最近、「うちの社員のモチベーションが低い・・・」という相談をよく受けます。本日はその対策についてお話しします。誰しも、「自主的に考え行動し、自ら成長していく社員」であって欲しいと思っています。しかし頭ごなしに「もっと考えて行動しろ!」と怒鳴るだけではいつまでたっても社員は成長しません。社員を変えるのではなく、自ら改善できることが無いか検討することが大切です。モチベーションの高い自主的な社員を育成するには2つのポイントがあります。それは「ビジョン」と「動機づけ」です。

ビジョンとはある時点の理想像です。理想像は「目標」というよりは「夢」に近い物です。どうしても目標と捉えると完工高や利益などの数値目標を中心に考えてしまいます。しかし夢と考えると頭の中で理想的な姿をイメージするようになります。皆さんの会社では「夢」というべきビジョンが明確に示されているでしょうか。3年後でも5年後でも構いません。社員全員が「そうなりたい!」と執着できるようなビジョンを示すことが重要です。そのためには「お客様に支持され、地域の人に喜ばれ、自らも成長できる姿」がビジョンの中に具体的に表される必要があります。皆さんの会社の社員それぞれが5年後どのように活躍しているかイメージし話し合ってみることも効果的でしょう。                              2つめの動機づけは、仕事に対するやりがいの創出とも言えます。皆さんが何かに対していつも以上に打ち込む状態とはどのようなときでしょうか。概ね以下の3パターンに分類されます。

  1. 誰かに期待されて頼りにされているとき
  2. 自らの能力を少し超える仕事に取り組むとき
  3. 困難な仕事に挑戦するとき                                                      これら3つはそれぞれ「感謝」、「成長」、「達成」と言い換えることができます。社内でこの3要素を社員が日々感じることができるように会社の中を望ましい状態にしておくことが重要になります。特に最初の「感謝」は社内の雰囲気の良化にもつながります。常に「ありがとう」の言葉が行き交う組織にするのです。第一歩はこれを読んで頂いている皆さんがどれだけ「ありがとう」と周りの人たちに声をかけるかにかかっているでしょう。                                「ビジョン」と「動機づけ」。気になった方は是非ご相談ください。

 

無題裏

~建設業ニュース~

  • ■登録解体・基礎杭試験 経審は2点評価

登録解体工事試験と登録基礎杭工事試験の合格者に対し、経営事項審査の技術力評価(Z点)で2点が加点されることになります。経審の告示を7月下旬に改正し、Z点の審査項目のうち技術職員数の項目で2点を加点できるように位置付ける予定です。

登録解体工事試験と登録基礎杭工事試験の合格者は、いずれも主任技術者要件に新たに追加されています。それぞれ6月1日から資格試験の運営団体から申請を受け付けており、7月下旬から8月にかけて登録試験を決定することになっています。

経審の技術職員評価は、5段階(1~5点)で評価しており、この中で主任技術者は1~2点を加点しています。1点を加点する技術者は、試験合格後に実務経験を必要としているが、登録解体工事試験と登録基礎杭工事試験には「施工に当たっての技術上の管理に関する科目」が課されているため、合格後は実務経験がなくても主任技術者になることができます。

このため、登録解体工事試験と登録基礎杭工事試験については、2級土木施工管理技士や2級建築士、とび技能士(1級)などと同様に、経審では2点を加点する資格として扱うことになります。

詳しくは安田コンサルティングまでお問い合わせください。

 

~月ごよみ 8月~

8月1日   洗濯機の日

国土庁(国土交通省)が制定した「水の日」です。そこで水に縁のあることから洗濯機の日とされました。最初に洗濯機の特許が取得されたのは1691(元禄4)年のイギリスで日本が電気洗濯機を輸入したのは1922(大正11)年のことです。

 

8月7日   バナナの日

バナナの消費拡大を図るため「バ(8)ナナ(7)」の語呂合わせから記念日とされています。すぐエネルギ-になるカリウムがたっぷり含まれており、血圧を上げるナトリウムを排泄させる働きがあります。

 

815日  終戦記念日

1945(昭和20)年のこの日、日本のポツダム宣言受諾により、太平洋戦争(第二次世界大戦)が終了しました。

 

8月18日  高校野球記念日

1915(大正4)年、大阪の豊中球場で第1回全国中等学校優勝野球大会が開会しました。学制改革により1948(昭和23)年から全国高校野球選手権大会となりました。

 

824日  大噴火の日(ポンペイ最後の日)

西暦79年にイタリアのヴェスビアス火山が噴火しボンベイの市街が火山灰により埋没してしまったのがこの日といわれています。

 

8月31日  野菜の日

「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合わせから、全国青果物商業協同組合連合会をはじめ9団体の関係組合が1983(昭和58)年に制定した記念日です。

 

~雑記~

かなり暑くなってきました。体の調子崩さない様、頑張りたいものです。カンボジアの子供たちに100台自転車支援少しずつではありますが、成果が出ているようです。100台達成するよう頑張りたいものです。安田コンサルティングも皆様の役に立てれる様にこれからも宜しくお願いします。(S)

 

 

 

元気つうしん 2016年 7月号 Vol.12

無題

~事務所だより~

皆さん、こんにちは。先日この「元気つうしん」を送付している方の一人から、「チラシ作成」について相談したいとご連絡を頂きました。何年振りかのご連絡、とっても嬉しかったです。皆さんも何でも結構ですのでご相談ください。すべてにお答えすることはできませんが、「打てば響くコンサルタント」として精一杯がんばります!

前置きが長くなってしまいましたが、今回は拙著の紹介をさせてください。これまで2つの本を出版させて頂きました。

『ゼロからの戦略的経理マン養成講座』

「経理という言葉は古臭いから、うちも財務課に名前を変えました。」 ある企業の経理担当課長の言葉でした。私はこの言葉を聞いて「経理という言葉の意味、経理担当者の本当の役割を理解されていないのではないか。」と不安になりました。 「決算書なんか分析したって、過去のことは何も変わらないじゃないか。」 これは私が講師を務めるセミナーや研修で聞かれる声です。過去が変わらないことは間違いありません。しかし決算書の分析は過去を知ることが目的ではないのです。経営者や幹部の多くが決算書の使い方を知らないことにも不安を感じました。 そうした不安の中で私は「企業経営をサポートする経理マン、できれば戦略的に考える思考力を備えた戦略的経理マンを育てることが急務である」と確信しました。 それがこの本を書こうと思ったきっかけです。

『会社を良くする最高のレシピ』

経営に必要な10のポイントについて説明しています。私がこのテーマで本を書きたいと思った理由を説明したいと思います。 私はここで紹介した10個のポイントを皆さんがそれぞれの企業で実践し発展していって欲しいと心底願っています。何故なら、これらのポイントを踏まえた企業が発展することは、私だけでなくすべての人々にとっての喜びだからです。従業員、顧客、地域のそれぞれの幸せの追求を願った経営理念の策定から、社会のことまで視野を広げるべき社会性についての取り組みまで、すべてにおいて考え行動する企業。このような企業を想像しただけで私はワクワクして心が高まっていきます。

今回は「元気つうしん」をご愛読頂いている皆様に通常の2割引きにてご提供させて頂くキャンペーンを実施いたします!!同封の申し込み用紙に必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。

 

 

裏

~ニュース欄~

  • ■ 施工管理技術検定見直し案

国土交通省は、施工管理に関する国家資格を取得する技術検定の見直し案を固めました。若年層の受験者が多い2級学科試験を現在の年1回から2回に増やし、受験機会を拡大すします。2級学科試験で行われている早期受験(前倒し)を1級学科試験にも導入する方向です。学科試験の合格者に新たな名称「士補」を付与する案も盛り込みました。

■ 中小企業等経営強化法で固定資産税の軽減等の支援

中小企業・小規模事業者等が、経営力を向上させるための事業計画(「経営力向上計画」)を作り、事業所管大臣の認定を受けることで次のような支援が受けられます。中小企業者が取得する新規の機械装置について、一定の要件を満たした場合、3年間、固定資産税を1/2に軽減。史上初の固定資産税での設備投資減税。赤字企業にも大きな減税効果が期待されます。また政策金融機関の低利融資、民間金融機関の融資に対する信用保証、債務保証等により円滑な資金調達を支援します。

詳しくは安田コンサルティングまでお問い合わせください。

 

~月ごよみ  7月~

7月1日  山形新幹線開業記念                    1992(平成4)年に東京から山形までの山形新幹線が開業しました。在来線の線路幅を広げることで、山形新幹線「つばさ」は新幹線専用の線路ではなく在来線と同じ線路を走っています。

74日  梨の日                              「な(7)し(4)」の語呂合わせから記念日とされています。梨は数少ない国産の果物で詳しいル-ツは不明ですが「日本書記」には梨の栽培技術が記されてます。

7月7日  七夕                             七夕とはもともと旧暦77日に行う星祭りで、わし座の牢牛星と、こと座の織女星が旧暦の7月7日の夜(七夕)に出会う中国の伝説に由来しています。

 714日 フランス革命記念日                         1789(寛政元)年714日、バスチ-ユの牢獄襲撃を皮切りにフランス革命の火ぶたが切られました。フランス国歌「ラ、マルセイユ-ズ」は、この革命でマルセイユ市民がパリに向かって行進した際に歌われた曲です。

 7月20日 Tシャツの日                            愛知県のファッションメ-カ・ファッションミシマヤがTシャツをPRするために提唱しています。「T」が20番目の文字にあたることや、この日が以前、「海の日」であったことにちなんでいます。

 7月29日   肉の日                            都道府県食肉消費者対策協議会が毎月29日を肉の日と制定しました。「に(2)く(9)」の語呂合わせです。

 

~雑記~

関わっているグループの企画「tunagari  freetalk(つながりフリートーク)」で、他人事ではない南海トラフ巨大地震の発生の危惧、いざという時、何が必要?何を知っていれば役立つ?地域(人)のつながりなど、今一度考えてみよう。を目的とし「人とのつながり&危機管理」と題して行政の危機管理課さんのお話し、地域貢献グループさんのお話しを受けて3つのテーマ①我が家の危機管理 ②自身や身内・知人の震災体験談 ③地域とのつながり でグループディスカッション。我が事務所も勉強会でいざという時の為に改めて防災・減災グッズを考え、事務所に備えをした所でしたので私自身、より話しに力が入りました。皆様の危機管理はどうでしょうか?(T)

 

 

 

 

 

 

 

 

創業11周年を迎えることができました!

IMG_2942安田コンサルティングの創業日は平成17年7月1日。今日で丸11年となりました。今日より12年目がスタートです。

この1年を振り返ると大きなことが色々とありました。

  • 大阪府内の建設業のお客様向けにニュースレターの配送開始(月1回)
  • 事務所のトイレを念願の水洗に!
  • 名刺交換のお礼ハガキが2年半で節目の1000枚に
  • カンボジアを訪問し、子どもの就学支援と併せて安コンの海外進出を平成30年ビジョンに組み込む
  • 2冊目の著書「会社を良くする最高のレシピ」を出版
  • カンボジア自転車プロジェクトスタート
  • 3冊目の著書の出版が決まり準備中

もちろん、新しいことだけでなく、これまで同様皆さんにセミナーや研修の講師、コンサルティング業務など様々ご愛顧いただき支えられております。

12年目も平成30年ビジョンに向けて邁進いたします。

今後ともどうか宜しくお願い致します。

 

元気つうしん 2016年6月号 Vol.11

表~事務所だより~

皆さん、こんにちは。もう5月も終わりですね。6月になれば梅雨、夏の到来です。季節の変わり目、体調には十分にご配慮下さい。

今回は私が4月から初めまして「カンボジア自転車100台プロジェクト」を紹介いたします。昨年よりカンボジアの貧困家庭に住む子ども達が学校に通えるために奨学金としてサポートをしています。その関係で昨年10月にカンボジアのそうした家庭、子どもたちを訪問してきました。農村エリアの貧困家庭が中心です。奨学金で学校に通えるようになったものの、学校までの距離がおよそ10キロから20キロ。通学は徒歩で往復数時間かかってしまいます。農業を営む親にとって子どもは貴重な労働力。「学校に行く時間があったら仕事を手伝え!」と子どもに手伝いを強いて学校に通えなくなってしまうのです。そこで必要になるのが自転車です。奨学金をサポートする事務局も自転車の必要性を強く訴えていました。そこで思いついたのが「カンボジア自転車100台プロジェクト」です。詳しくはホームページ(http://cam-bi.net)に記載しています。また案内チラシを同封させて頂きました。裏面が申込書になっていますのでご賛同頂ける方は是非ご協力お願いいたします。

子どもの就学支援をすることはとても大切だと考えています。カンボジアには様々な社会問題があり、未就学の子どもの存在もその1つです。奨学金ですべての子ども達が学校に通えるようになるわけではありません。そういった意味で私の力は本当に小さくて弱いです。私自身はこの問題を根本から解決する力も知恵もありません。しかし奨学金でサポートしている子ども達のうち誰かがこの問題を解決してくれるかもしれません。ソフトバンクのCMにもありました「誰かが世界を変えるかもしれません」と同じで、「誰かがカンボジアの国を豊かにしてくれる」と願って、次の世代に投資をしているのです。

こうした問題を抱える国はカンボジアだけではありません。私は現在、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオスそしてカンボジアの5か国で奨学金の支援を行っています。最初に訪れた国がたまたまカンボジアだっただけですが、子どもたちを目の当たりにすると「何とか力になりたい」という思いが強くなったのです。

こうした活動ができるのはもちろん皆さんが安田コンサルティングを支持してくださっているからです。今後も皆さんに、よりよいサービスを提供しようと日々精進してまいります。今後とも安田コンサルティングを宜しくお願い致します。

 

 

裏~建設業ニュース~

  • 6月1日より解体工事業が建設業許可業種に加わります。解体工事業の追加に伴い、平成28年6月1日以降に解体工事業を営む者については、解体工事業の許可が必要となります。           ただし、経過措置として、施行日までにとび・土工工事業の許可を受けて解体工事業を営んでいる建設業者は、とび・土工工事業の許可を有している限り、引き続き3年間(平成31年5月31日まで)は解体工事業の許可を受けずに解体工事を施工することができます。

許可日が、平成28年6月1日以降のとび・土工工事業の許可では、解体工事を行うことはできません。 詳しくは安田コンサルティングまでお問い合わせください。

 

~月ごよみ 6月~

6月1日   麦茶の日                           日本麦茶工業協同組合(全麦茶)が1986(昭和61)年に制定しました。麦茶の始まりの季節でもあるため、6月始めのきりの良い日を記念日としました。

6月7日   緑内障を考える日                  

 緑内障の患者やその家族で作る「緑内障フレンド・ネットワ-ク」が制定しました。「りょく(6)ない(7)しょう」の語呂合わせでこの日となりました。

6月15日  信用金庫の日                                             全国信用金庫協会が制定しました。1951(昭和26)年のこの日、「信用金庫法」が公布されました。

6月19日  京都府開庁記念日                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 京都府が1985(昭和60)年に制定しました。慶応4年閏429日(新暦1868年6月19日)、京都府が開設されました。

6月24日  林檎忌・麦の日                       歌手・美空ひばりの1989(平成元)年の忌日です。ヒット曲「りんご追分」から「林檎忌」、「ひばり」という名前に因み「麦の日」と呼ばれています。

27日  ちらし寿司の日                    

 卵焼きなどの調理用食材を製造販売する広島県の株式会社あじかんが制定しました。ちらし寿司が生まれるきっかけとなった「一汁一菜令」という倹約令を出した備前岡山藩主・池田光政の命日にあたります。

 

~雑記~

かなり暑くなってきました。体の調子を崩さない様にしたいものです。自転車100台支援少しずつでありますが、成果がでているようです。皆様のご支援お願いします。カンボジアの国はお金がない、湿気帯が多い、道路が舗装されていないなど、色々な理由で困っています。世界の皆様が協力して助けてあげればよいと思います。(S

                                          

 

 

元気つうしん 2016年5月号 Vol.10

5月表

~事務所だより~

熊本・大分を中心に多くの地震が発生しています。被災された方々に対しましてお見舞い申し上げます。この原稿を書いている時点で震度1以上の揺れが540回あったそうです。遭難者の救出活動やライフラインの復旧活動など様々な幅広い活動が行われています。そうした現状を目の当たりにすると、自然災害の恐ろしさが身に染みます。そして日本が地震大国であることを再認識させられます。この熊本地震に関して感じていることを2つ書きたいと思います。

1つ目は災害時の緊急避難対策についてです。地震に対する危機意識を常に高く持つことは実際には難しいことです。しかしこれだけ毎日のように地震に関するニュースが流されると皆さんも「地震は恐ろしい」という意識が大きくなっているでしょう。それでもどうしても我が身のこととは思えない遠い世界の出来事のように見えてしまうことも事実です。皆さんは地震があった際の緊急避難についてどのように準備していますでしょうか。重要なのは避難グッズの整備と避難箇所の確認でしょう。私は自宅に家族分の避難グッズを整備しています。また自宅は海抜15mの位置にあり、市が公開している防災マップでも津波の浸水が無いとされている地域です。避難場所は最寄りの中学校となっています。しかしこの記事を書きながら、事務所には避難グッズが無いことに気が付きました。すぐに整備したいと思います。皆さんも今一度対策について考えてみて下さい。避難グッズについてはアマゾンなどのネット通販でセットになったものも購入できるようです。

2つ目は建設業の役割についてです。熊本地震でも自衛隊や警察・消防の活躍が取り上げられていますが、私はそうした活動がスムーズに行えるように重機などを使って道路の障害物除去などを行っている建設会社の存在を強く感じています。報道でそうしたことが取り上げられないのは残念ですが・・・その話はさておき、災害時に地元の建設会社が果たす役割は本当に大きいです。建設会社しかできないことが山ほどあり、その多くが人の命を救える初動活動に密接に関係しています。だからこそ皆さんに今一度考えて頂きたいことがBCP(事業継続計画)の策定についてです。災害時に最も頼りになる建設会社自身の操業がストップしていては救える命も救えなくなってしまいます。BCPを策定し災害時に操業度を落とさずできる限りの活動を維持することが社会にとって本当に重要なことです。BCPについては様々なガイドラインが公開されています。もしご興味がありましたら是非安田コンサルティングまでお問い合わせください。

最後に、熊本・大分の地震が早くおさまることを、そして被災された方々がもとの生活に早く戻れることを強く願っております。

 

5月裏

 

~建設業ニュース~

■小規模事業者持続化補助金が募集中です

小規模事業者(建設業では従業員数20名以下)が販路開拓に取り組む費用(チラシ作成費用やホームページ作成のための費用など)を支援します。海外展開や雇用対策に取り組む事業については、補助上限額が引き上げられます。

補助率 補助対象経費の3分の2以内
補助上限額 50万円 100万円(雇用増加、海外展開等)

公募期間            平成28年2月26日(金)~平成28年5月13日(金)

お問い合わせ先   地元の商工会又は商工会議所まで

 

■国土交通省「地域建設産業活性化支援事業」の実施について

中小・中堅建設企業等が抱える経営上の課題又は技術的な課題に関する相談を受け付ける「活性化支援相談窓口」を設置し、各分野の専門家により幅広いアドバイスを実施します。また、担い手確保育成、生産性向上に関するモデル性の高い取組みについては、重点的な支援を実施します。                      そのなかで実施される経営相談では貴社の課題解決に最適な活性化支援アドバイザーを選定し、貴社に派遣します。経営上、技術上の課題に親切・丁寧に対応します。1企業あたり必要に応じて2回までで、初回の相談は無料でご利用頂けます。2回目の相談は自己負担額2,700円+振込手数料が必要です。               詳しくは安田コンサルティングまでお問い合わせください。

 

~月ごよみ~

5月5日  こどもの日                            「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」国民の祝日です。1948年(昭和23)年7月公布・施行の祝日法によって制定されました。

5月8日  世界赤十字デー                         1948(昭和23)年にストックホルムで開催された第20回赤十字社連盟理事会で決定しました。赤十字の創設者、アンリ・デュナンの1828年の誕生日です。

5月10日  日本気象協会創立記念日                    1950(昭和25)年、日本気象協会(JWA)が「気象協会」として創立されました。気象協会は1966(昭和41)年に関西気象協会と合併し、現在の名称になりました。

5月12日   海上保安の日                          海上保安庁が1948(昭和23)年に「開庁記念日」として制定しました。2000(平成12)年より「海上保安の日」に改称しました。

5月22日   国際生物多様性の日                      1994(平成6)年の「生物の多様性に関する条約」締約国会議で制定されました。当初は12月29日でしたが、2000(平成12)年から5月22日に変更されました。

5月31日   世界禁煙デ-                         世界保健機関(WHO)が1989(平成元)年に制定しました。1995年時点で、世界の喫煙者は10億1000万人で約5人に1人の割合でした。毎年世界で300万人が喫煙が原因とみられるがんや心臓病で亡くなっています。

 

~雑記~                                  皆さんは花粉症に悩まされていらっしゃいませんか?泉州に移り住んで1年目から早や20年、スギ・ヒノキ・ブタクサと3月~6月の間、マスクが欠かせません。てん茶・ヨーグルト・蓮根の絞り汁と対策はしているものの…克服できるのはいつになるやら???なんて呑気なことを言っている場合じゃないですね。【熊本地震】最初の震度7って聞いた時点で阪神淡路大震災がよぎりました。            被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。              皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より願っております。(T)

元気つうしん 2016年 4月号 Vol.9

4%e6%9c%88%e8%a1%a8

事務所だより

先日、長崎県を訪問してきました。目的は建設業経営セミナーの講師を務めるためです。セミナーは午後からの開始でしたので、その前に少し寄り道して平和公園を訪問してきました。平和への想いはもちろんですが、あの迫力ある平和祈念像を見てみたかったのです。あの祈念像の姿には意味があって、上げられた右腕は原爆の脅威、水平に伸びた左腕は平和。そして折りたたまれた左足は被爆直後の静けさ、立った右足は救った命、そして閉じた目は犠牲者への祈りだそうです。それを知ってから見ると、これからの恒久の平和を願わずにはいられません。午後からのセミナーでは開口一番、建設会社さんへの思いを伝えてきました。朝から電車、バス、飛行機を乗り継いで長崎に来ました。平和公園は外国人を含む観光客にあふれお昼どきでもありレストランも人でにぎわっていました。行きたいところに行き、食べたいものを食べる。そんな何気ないことが自由にできることにも社会のインフラが大切な役割を果たしているからであり、そのインフラを守っているのが建設業であることを。だから皆さんにはもっと自分の仕事に誇りを持ってほしいし、会社を発展させながら全員が幸せになってほしいと話しました。

本題のセミナーは10年後をにらんだ建設会社の経営戦略の在り方についてです。人材確保と教育、維持修繕への対応、海外進出の検討、BCPの策定、国土強靭化への流れにのることなど外せないポイントをいくつも伝えてきました。聴いて頂いた方には概ね満足頂けたようで「本気で海外進出を検討したい」といった感想まで頂戴いたしました。お昼に到着し、夕方の飛行機で帰阪するという強行スケジュールですが、長崎の皆さまにセミナーを通して私の思いをお伝えできるのはお客様のおかげです。そして強行スケジュールが可能なのは日本に素晴らしいインフラが整備されているおかげです。それを守っている企業・人たちへ感謝しています。

 

 

建設業ニュース

1.新設分野に延べ62資格 民間資格登録制度

国土交通省は、直轄の業務委託の総合評価・プロポーザルで加点措置の対象とする「公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に資する技術者資格」として新たに延べ111の民間資格を登録しました。維持管理分野(点検・診断)で延べ49資格を追加登録したことに加え、今回創設した新設分野(計画・調査・設計)で延べ62資格を初めて登録しました。同省は2016年度の発注業務から、今回登録された資格保有者を配置する企業に加点評価が与えられます。

 

2.経営業務管理責任者の要件を見直し

国土交通省は、建設業許可を受ける際に必要な経営業務管理責任者の要件を見直し、商法上の位置付けが明確化されていない「執行役員」なども追加します。取締役会や代表取締役から具体的な権限移譲を受けていれば、取締役や商法上の執行役と同等の扱いにします。現行基準では、許可要件の一つである経営業務管理責任者について、法人の場合は「業務を執行する社員、取締役、執行役またはこれらに準ずる者」のうち常勤者の中から1人を定めるとしています。対象者には「5年以上の経営業務の管理責任経験等を有する者」「同等以上の能力を有する者」という規定があります。

 

月ごよみ

あんぱんの日   4月4日                          明治8年、(1875)4月4日、あんぱんを明治天皇へ献上することになりました。「桜あんぱん」は天皇のお口に召され陛下は大変気に入り以来、「あんぱんの日」として記念日に制定されました。

小笠原返還記念日  4月5日                         1968年のこの日、第二次大戦後アメリカの施政下に置かれていた小笠原諸島を日本に返還する協定が締結されました。同年6月26日に協定が発効し、日本に返還されました。

駅弁の日    4月10日                           日本鉄道機構内営業中央会が駅弁の魅力をPRするために、数字の「4」と漢数字の「十」を合成すると「弁」の字に見え、弁当の「当」を「10」と語呂合わせして、1993年に制定しました。

清掃デ-    4月22日                           清掃に対する国民の関心を高めるために、住民が公共的施設を清掃して、この日から「全国環境衛週間」(4月22~28日)、1954年のこの日、清掃法が制定されたのを確認して制定されました。

よい風呂の日   4月26日                           「よい風呂(ふろ)を「4」「26」と語呂合わせしました。大正時代に入って床をタイル張りにするなど衛生面が向上され、日本記念日協会により制定されました。

 

雑記                                    寒かったり、暖かったり体の調整が難しいです。安田コンサルティングは正社員の募集をしています。良い方が来られ社内に力、エネルギ-を振りまいてくれる方、お待ちしています。もうすぐ春です。力を出し頑張りましょう。(S)

 

 

 

 

 

 

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」公募要領の修正箇所について

2月5日に開始された「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」ですが、公募要領等に修正があったと10日にアナウンスされました。

修正箇所は以下のURLにまとめられています。
http://tri-osaka.jp/maido/SyuseiKasho_H27_1.pdf

申請を検討中の場合は必ずご確認ください。