元気つうしん 2018年11月号 Vol. 40

~事務所だより~

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。
本日は10月12日に大阪府内の大手建設会社さんにて「建設業法に基づく適切な施工体制について」というテーマで研修してきました様子をご紹介いたします。

皆さんは監理技術者、主任技術者の違いを明確に説明できますでしょうか?
「大規模工事では監理技術者?」
「元請でなくても請負金額が大きく下請さんをたくさん使う場合はどっち?」
「主任技術者で工事に専任したりそうじゃなかったりするよね?」
こんな質問をよく受けますが、少し複雑なんです。そんなわけでご依頼者の建設会社さんは協力会の皆さんと一緒に勉強しようということになり私が講師として呼ばれたわけです。
内容は以下の通り。

1. 建設業に関する基礎的なこと
2. 建設業許可について
3. 工事現場に配置すべき技術者
4. 技術者制度の一覧
5. 専門技術者について
6. 監理技術者等の直接的かつ恒常的な雇用関係
7. 監理技術者等が専任すべき工事
8. 専任を要しない期間
9. 2つ以上の工事を同一の監理技術者等が兼任できる場合
10. 社会保険への加入
11. 法定福利費を内訳明示した見積書
12. 見積書に関するQ&A
13. 下請との適正取引(見積から契約)
14. 見積依頼に含めるべき項目
15. 契約に含めるべき項目
16. 取引の際の注意事項

10番以降は施工体制とは直接関係ありませんが、建設業界の社会保険加入の話や法定福利費を別明細にした見積書の作成、さらに下請との適正な取引などについても話をさせていただきました。
研修のご担当者の方からは「わかりやすく説明してくれて大変よかった!」とお声をいただきました。説明方法を色々工夫してよかったです!!

今回、作成しました資料はご希望の方がおられましたらご提供させていただきます。
ご希望の方は安田コンサルティングまでご連絡ください。

メール: yasucon@ea.main.jp 担当:安田 宛て

 

~建設業ニュース~

【中小企業家同友会の例会にご一緒しませんか?】

本日は建設業界のニュースはお休みさせていただきまして、中小企業家同友会(以下、同友会)について説明させていただきます。同友会は全国の中小企業経営者が経営について学ぶ交流会で、良い経営者、良い会社、良い経営環境を目指してがんばっています。大阪府内にも2400社以上の会員がおられます。安田も入会しておよそ8年間勉強しています。今回、安田が所属する「かんくう支部」の例会の案内を同封させていただきました。ゲストとして参加できますので「参加してみようかな?」という方は安田までご連絡ください。一度、お気軽に参加いただき同友会の雰囲気を感じてください!!

元気つうしん 2018年10月号 Vol. 39

~事務所だより~

 

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。
本日は『建設業受注アップセミナー』の講師を務めてきた様子をレポートいたします。

こちらのセミナーは和歌山県広川町商工会館で開催されました。主催は「広域商工会有田オレンジ協議会」という有田川商工会、広川町商工会、湯浅商工会の3商工会が加わる協議会となっています。内容としては以下の通りです。

建設業における受注UPアプローチの大切なポイントが以下の5つです。

1.     情報発信

客観情報よりも主観情報を中心に発信していくこと。

企業の強み(QCDSSE要素)を明確にし、育て、発信すること。

2.     ターゲット顧客の明確化

顧客セグメンテーション【地域、年齢、性別、職業、関心、
家族構成、趣味、
共感・価値観、悩み・不安、目標、ライフスタイル、
ライフステージ など】

「誰でもウェルカム!」からの脱却と理想的な顧客との出会い

顧客をイメージすると作戦が具体的になる

顧客の3役(利用者、決定者、スポンサー)の理解

3.     目的と手段の理解

顧客の目的はなにか?

顧客の潜在目的、口に出せないような目的は?

事業は目的ではなく手段の1つ

顧客を育てる(未知顧客見込客顧客リピーター)

4.     AIDMAAISAS

ADIMAAISAS

発信手段とSNS活用

5.     地域交流

地域の一員として

地域交流の方法

イベント集客とイベント後のフォロー

これらを2時間という非常に短い時間に凝縮して語ってきました。
地域で活躍する建設会社の皆さんにとって何かヒントになっていたら幸いです。

 

~建設業ニュース~

【解体工事業の許可についてご準備ください!】

平成28年6月1日より「解体工事業」の区分ができました。それより3年は経過措置として「とび・土工工事業」でも解体工事ができますが、いよいよ来年5月31日にてこの経過措置は終了となります。業種追加の申請が完了してから許可通知書が得られるまでの間が1ヶ月。そのため少なくとも4月中旬ごろまでには申請を終えていたいところです。

特に専任技術者について平成27年度までの施工管理技士等の合格者については1年以上の実務経験か登録解体講習が必要です。現時点でもし実務経験が無い場合は「登録解体工事講習」の受講が必要です。現在のところ実施機関は2社。

公益社団法人全国解体工事業団体連合会 https://www.zenkaikouren.or.jp/

一般財団法人全国建設研修センター http://www.jctc.jp/

どちらもホームページに講習予定が掲載されていますので是非チェックしてください。

元気つうしん 2018年9月号 Vol. 38

~事務所だより~

こんにちは!!安田コンサルティングの安田です。

本日は86日に和歌山県の上富田町商工会館にて創業セミナーの講師を務めて参りました様子をレポートいたします。

こちらで創業セミナーの講師を務めるのは2回目です。昨年も9月に講師をさせていただきました。今年は参加人数も40名ほどで盛況。皆さんが創業に興味を持たれていることの表れだと思っています。創業セミナーの講演時間は2時間。とっても短いのですが、お伝えしたいことはたくさんあって、弾丸のようなスピードで色々お話しさせて頂きました。内容は以下の通りです。

    創業ついての構え                                        

    創業計画書について

    創業計画書の中身

    事業コンセプトの明確化

    マーケティングのポイント

    マーケティングの4P

    商品(プロダクト)

    広告宣伝(プロモーション)

    AIDMAストーリーとAISASストーリー

     流通(プレイス)

    価格(プライス)

    資金計画のポイント

    必要資金の検討

    資金調達の検討

    売上をいかに確保するか

    売上計画のポイント

    利益計画のポイント

それで何とか2時間で最後まで突っ走りました。最後は挨拶や質問者の列もできて皆さんの満足度も高かったようで良かったです。

6月から8月の3カ月間、商工会議所さんや商工会さんを通して様々なところで創業支援をさせて頂いております。

「創業を考えることは、これからの人生を考えること」

これはよく創業セミナーの中で話すことです。言い換えると、

「これからどうやって自分らしく生きようか」ということです。

創業を考える皆さんの人生に少しの間だけですが関わる大切な任務。とってもやりがいを感じています!!

~建設業ニュース~

【自転車プロジェクトのクラウドファンディングページがスタート!!】

今回はボランティアで活動しているカンボジア自転車プロジェクトの宣伝をさせてください。

カンボジア自転車プロジェクトですが今年も
実施に向けて皆さんのご協力を募っています。
いよいよ8月20日午前11時からクラウド
ファンディングとして広くご協力者の募集が
始まりました。

募集ページはこちらです。
皆さん、ご協力よろしくお願い致します!!

https://readyfor.jp/projects/cam-bi20

元気つうしん 2018年8月号 Vol. 37

~事務所だより~

みなさん、こんにちは。安田コンサルティングの安田です。今回は「働き方改革を進める前に知っておきたい3つのポイント!」というテーマの建設業経営セミナーについて記載いたします。

建設業の働き方改革の根底には「若者に明日の建設産業をどう語るのか」という命題が与えられています。人口減少・高齢社会を迎えている日本において建設投資は伸び悩んでいますが震災・豪雨などの災害が多発するなか社会インフラを担う建設業の役割はとても重要です。

そこで、生産性の向上と人材の確保という2面から様々なことが検討されています。生産性の向上ではiConstructionというキーワードがよく聴かれるようになりました。建物の様々な情報をITを使ってモデリングするBIMが何年も前から進展していますが、それを土木分野にも広げようということでCIMという言葉が聴かれるようになり「CIM導入ガイドライン」も出来上がりました。AIIoTなどの技術も活用しながら2025年までに20%の生産性向上を目指しています。

人材の確保は「働き方改革」として、建設業においては休日確保、長時間労働対策、処遇改善などがうたわれています。労働時間短縮は工期の長期化を招くため、工期ダンピングを防ぎ、工期に影響される間接経費などを請負金額にきちんと盛り込めるよう「適切な工期設定等のためのガイドライン」もできています。発注者側、請負側の両方が協力しての取組が必要です。処遇改善には「建設キャリアアップシステム」が注目されています。現場を渡り歩く技術者の経験を見える化するための取組です。今年から運用が開始されました。企業としても対応を進めていきたいところです。

ここまで記載した内容は建設業における外部環境の一部です。そうした状況を打破するためにIT化や働き方改革を進めていくわけですが、留意すべき点がたくさんあります。足元を見れば「求人しても応募がない」「応募があっても面接をすっぽかす」「採用しても初日から来ない」といったことが頻発しています。それを「今どきの・・・」と片付けるのは簡単なこと。でもそれでは何も進展しません。だからこそ企業側でできることを考えなければいけません。そこで、セミナーの後半では「人が集まる組織作り」について説明をしています。

「人が集まる組織作り」に必要なのは成長・達成・仲間の3要素です。それは「人は仕事を通して幸せになる」ために必要な3つです。

成長のためにはチャレンジが必要です。そのような機会を提供し続ける事。
達成のためには夢や目標が必要です。誰しもが執着できる夢を持って共有すること。仲間とは互いを認め尊重し合える人たちのことを言います。そのためには感謝と承認が必要であること。これらの3要素をセミナーの中ではもっと詳細に事例を交えながら説明させて頂きました。

~建設業ニュース~

【建設業の働き方改革についてのリンク】

表側の記事にありました下記3つについて参考になるホームページのリンクをQRコードと共に掲載いたします。どうぞご利用ください。

・   CIM導入ガイドライン http://www.mlit.go.jp/tec/tec_tk_000037.html  

・   適切な工期設定等のためのガイドライン     http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_tk1_000156.html

・   建設キャリアアップシステム http://www.kensetsu-kikin.or.jp/ccus/

元気つうしん 2018年7月号 Vol. 36

~事務所だより~

201807-36  

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。

7月になりました。いよいよ夏本番。現場仕事がつらい季節ですが、皆さん熱中症には十分お気を付け下さい。

今月号は山形市の建設会社さんにて講演してきました様子をお知らせします。

講演のテーマは「建設業界の働き方改革の視線で見た人が集まる組織作り」です。

会場は山形市内。東北で広く展開する建設会社さんの山形支社で開催された安全衛生大会の基調講演でした。働き方改革はとても注目されている言葉です。長時間労働の抑制、同一労働同一賃金、高齢者の就業促進。どれも大切なこと。でも実際にはもっと手前でやるべきことがたくさんあります。建設業界は慢性的な人手不足。

「求人しても誰もエントリーしてこない。採用してもすぐ退職する。」

この繰り返しです。では何を変えたらいいのでしょうか?求職者側のせいにしても何も変わりません。できることといえば自らが変わることです。そのためのキーワードが「人が集まる組織作り」です。皆さんはどんな企業だったら働いてみたいですか?

「給料が多い、休みが多い、残業が少ない・・・」

はたしてこれだけでしょうか?

「人間は仕事を通して幸せになれる」

そうだとしたら他にも色々考えることができそうです。そんなヒントをたくさんちりばめた内容でした。人が集まる組織に必要なのは就労環境の向上ももちろんですが、「成長・達成・感謝」の3つの要素が必要です。

成長できる職場。達成感を味わえる取組。そしてお互いを称え感謝しあえる仲間です。できないことができるようになり、大きな仕事を任され、完了と同時に達成感を味わい、まわりの人たちから、「おつかれさま!」や「ありがとう!」と声をかけてもらえる。

1社でも多くの企業が、そんなことを考えられる素敵な企業となり、繁栄し、幸せな人が一人でも増えることを願っています。

~建設業ニュース~

201807-36-2

【国交省が専門工事の企業評価 評価項目案を提示】

国土交通省が専門工事企業の評価項目案を示しました。建設キャリアアップシステムに登録した事業者情報、建設業許可情報を最大限に活用し、客観的・簡易に評価するためのものです。評価項目は、業種共通の「共通項目」、職種ごとの「選択項目」に分かれています。共通項目は下表の通り。

施工能力は「技能者の人数」と「施工実績」で評価します。技能者の人数は、建設キャリアアップシステムを活用した技能者の能力評価と連動し、システム登録した技能者の人数を4段階のレベルごとに表します。自社の技能者数だけでなく、傘下の施工チームを評価対象に加えることで、企業の動員力を評価することも検討するとのことです。

選択項目には、将来的な産業政策の推進に役立つ▽建機の保有状況▽表彰▽労働時間▽給与制度▽休暇制度▽若年者の確保・育成状況▽生産性向上・技術開発▽災害時対応―など16項目を盛り込んでいます。

専門工事企業の評価項目案(共通項目)

基礎情報 建設業許可の有無
建設業の営業年数
社員数
団体加入
施工能力 技能者の人数
施工実績
法令順守・安全衛生 建設業法の法令遵守
労働基準関係法令違反の状況
社会保険加入状況

 

【建設業の事業承継 許可の空白期間解消へ】

国土交通省は、中小建設業が円滑に事業承継できるよう、建設業許可の手続きに特例を設けます。許可業者が吸収合併されるケースでは、合併後に新たに許可を申請しなくてはならず、許可の空白期間が生じます。事前に許可行政庁の認可を受ければ、事業承継の効力発生日に自動的に権利義務を承継できる制度を検討しています。

福岡市内で建設会社向け経営革新をテーマに講演してきました!

35143557_1711223045622624_9142216078586281984_n

こんにちは!安田コンサルティングの安田です。本日は福岡県内の建設会社さんが開催しました安全衛生大会で安田が担当した基調講演のことを書きます。

こちらの建設会社さん、大阪に本社を置く大手ゼネコンさんです。会場にはたくさんの協力会社さんが集まっていました。

講演のタイトルは「未来を築け!建設会社のための経営革新セミナー」

そして内容は以下の通りです。

  1. 経営の基本6項目の確認
  2. 経営革新とは
  3. 必要なのは明確なビジョン
  4. 建設業における外部環境
  5. ビジョンを実現する戦略の立案
  6. 戦略に基づいた行動計画の立案
  7. 経営革新の事例
  8. 経営革新支援制度の活用

人材不足や市場の縮小に伴って閉塞感が漂う建設業界。経営者も諦めムードのところが多いですが、それでは負のスパイラルに陥ってしまいます。現状打破。将来への希望・夢・ビジョンを見いだすヒントをたくさん語ってきました。今回のポイントは外部環境。チャンスとピンチ、機会と脅威は表裏一体。考え方次第で捉え方は変わります。そしてたくさんの経営革新事例も。新事業、新工法、新建材、新市場・・・色々なパターンがあります。それらの共通項は経営者の高いモチベーションにあると感じています。「経営革新のネタ」は空からは降ってきません。自ら見つけ出すもの。そのためにはたくさん動き回ることが大切です。

こうした内容をたくさん語ってきました。経営革新の必要性に目覚める企業が1社でもあれば幸いです!

新潟三条の中小企業大学校にて「基本から学ぶ決算書の読み方講座」の講師を担当

34346973_1703236419754620_3737067189031665664_n

皆さん、こんにちは。安田コンサルティングの安田です。本日は6月5日から3日間に渡って中小企業大学校三条校で講師を務めて参りました研修をご紹介いたします。

2013年より毎年、中小企業大学校関西校で「決算書の読み方」というテーマで研修講師を担当させて頂いておりました。2017年まで5年続いたのですが、研修内容を一部リニューアルして今年から「基本から学ぶ決算書の読み方講座」と名称も新たにスタートした次第です。担当する大学校も三条校、関西校の2校となりました。

34669856_1706116689466593_8076280301812187136_n

三条校の宿泊棟からの景色はこんな感じです。緑豊かな立地は関西校と同じ。とてもリラックスできる環境で研修に集中できます。

研修内容は以下の通りです。

  1. 研修の狙い
    経営活動の成果を表した決算書を的確に読み解くことは、財務面から企業経営・業務を行っていく上で、非常に重要です。
    本研修では、決算書の仕組みや用語の意味、数字の流れなどを理解した上で、決算書から経営体質や今後の課題などを読み取るポイントについて、モデル決算書を交えて具体的に学びます。
  2. 構成
    1. 決算書の面白さを味わう
      身近で比較が容易な企業の決算書を題材に、図解などを用いながら細かい数字にとらわれず、決算書から企業活動を読み取れる面白さを味わいます。

      1. 決算書とは
      2. 決算書から読み取れる企業の戦略や背景の違い
      3. 財務会計分野の全体像と各分野の概要
    2. 決算書と財務の基礎
      決算書を読む上で必ず理解しておきたい事項について学びます。

      1. 決算書が出来るまでの流れ
      2. 決算書で使われる用語の意味
      3. 利益と資金繰りの違い
      4. 中小企業と大企業の決算書の違い
    3. 決算書を読む
      具体的なモデル決算書を題材に、企業活動の背景を理解しながら、決算書を読み取ります。

      1. 財務分析指標(収益性、効率性、安全性、生産性)、キャッシュフローの意味と改善策
      2. モデル決算書を使った財務分析の実施
      3. 各指標の改善策
    4. 決算書から読む企業活動のヒント
      具体的なモデル決算書を題材に、実際の企業活動との連動をイメージしながら、業種や戦略による財務体質の違いや今後の課題、事業展開に関する意思決定の手がかりについて、ディスカッションを交えながら学びます。

      1. 企業体質と採算の考え方
      2. 収益力の検証と改善のヒント
      3. 資金繰りの検証と改善のヒント

3日間みっちりと決算書と向き合い、決算書を使った現状把握、そして経営活動における目標(ビジョン)や経営方針との整合を保った分析の必要性など多岐に渡って説明してきました。

終了後には個別に受講された方々から、「とてもわかりやすかった!」等のお声をいただきました。皆さん、自社に戻ってどんどん活用・活躍してほしいと願っています!

山形市の建設会社さんにて講演「建設業界の働き方改革の視線で見た人が集まる組織作り」

34182698_1699409153470680_400382258696945664_o

皆さん、こんにちは。少し前になりますが6月1日に「建設業界の働き方改革の視線で見た人が集まる組織作り」というテーマで講演して参りました。

会場は山形市内。東北で広く展開する建設会社さんの山形支社で開催された安全衛生大会の基調講演でした。

働き方改革はとても注目されている言葉です。長時間労働の抑制、同一労働同一賃金、高齢者の就業促進。どれも大切なこと。でも実際にはもっと手前でやるべきことがたくさんあります。建設業界は慢性的な人手不足。

求人しても誰もエントリーしてこない。採用してもすぐ退職する。

この繰り返しです。では何を変えたらいいのでしょうか?求職者側のせいにしても何も変わりません。できることといえば自らが変わることです。

そのためのキーワードが「人が集まる組織作り」です。

皆さんはどんな企業だったら働いてみたいですか?

給料が多い、休みが多い、残業が少ない・・・

はたしてこれだけでしょうか?

「人間は仕事を通して幸せになれる」

そうだとしたら他にも色々考えることができそうです。そんなヒントをたくさんちりばめた内容でした。

1社でも多くの企業が、そんなことを考えられる素敵な企業となり、繁栄し、幸せな人が一人でも増えることを願っています。

セミナー研修の予定を追記いたしました!

写真2018年4月号-2

今後のセミナーの予定を追記いたしました。

※追加内容は以下の通りです。

セミナー予定

2018/6/16,23,30,7/7,21 創業塾
場所:京都商工会議所
主催:京都商工会議所
2018/6/19-21 基本から学ぶ決算書の読み方講座
場所:中小企業大学校 関西校
主催:中小企業大学校
2018/6/29 安全大会特別講演「ビジョンと戦略による社員のモチベーション向上」
場所:大阪市内
主催:大阪府内の建設業団体
2018/7/11,12,13,25,26 建設業経営セミナー「働き方改革を進める前に知っておきたい3つのポイント!」 くわしくはこちら
主催:あさかわシステムズ株式会社
場所:東京(7/11)、大阪(7/12)、福岡(7/13)、沖縄(7/25)、愛知(7/26)
2018/7/8,22,29 8/5,19,26 はちまん創業塾
場所:近江八幡商工会議所,安土町商工会
主催:京都商工会議所,安土町商工会
2018/8/6 創業セミナー 案内チラシはこちら
場所:上富田町商工会
主催:広域商工会くまの協議会
2018/8/23,24,27,28 財務研修
場所:中小企業大学校 関西校
主催:中小企業大学校
2018/8/25 後継者向け研修(詳細未定)
場所:香美町商工会
主催:香美町商工会
2018/8/31,9/1 後継者向け研修(詳細未定)
場所:豊岡市商工会
主催:豊岡市商工会
2018/9/11 建設業向け販路開拓セミナー(詳細未定)
場所:有田川町商工会(変更可能性あり)
主催:
2018/9/21 建設業経営セミナー「働き方改革を進める前に知っておきたい3つのポイント!」
場所:岡山市
主催:民間企業ご主催

 

明日から、京都商工会議所にて創業塾がスタート!

IMG_8334

こんにちは。安田コンサルティングの安田です。

明日からいよいよ京都商工会議所にて創業塾がスタートします。2015年からメイン講師を担当し、今年で4回目となります。定員は30名だったところ、参加者はなんと42名。主催者の京都商工会議所さんが「一人でも多く受講してほしい!」という思いで会場ギリギリまでの人数まで拡大しました。

というわけで42名の夢の実現と向き合うわけですが、初日は「創業するってどういうことだろう?」という話から入ります。この1日目の話は創業系テキスト等では伝わらない内容。個人の価値観に照らし合して、「創業とは何か?」を考えてもらいます。だから安田の主観が大いにまじりあう、想いを伝える回だったりします。

始めて、京都商工会議所さんから打診をいただき、担当者の方が事務所に来ていただいたとき、「私が創業塾で話す内容はかなりめんどくさいですよ」とお伝えしたのですが、「それでお願いします」とご快諾いただいたのを思い出します。

明日の開講一番はもちろん「おはようございます!」から。創業塾OBの方々は覚えていますよね??「創業者は〇〇と〇〇で負けるな!」です。

明日も元気いっぱい全力投球で挑みたいと思います。